ウェビナー:第一回 イルカ漁と対象種|動物解放団体リブ

(※ウェビナーとは、ウェブで行うセミナーのこと)
2020年4月1日からスタートです。
よかったらご参加ください。

[開催概要]
日本では、
イルカ漁はどのように行われているか、
現場で何が起こっているか、
どのような背景の元に産業が成り立っているか、
イルカ守ろうとする活動はどのような根拠によって行われているのかなど、
整理されないまま、議論が行われ、あるいは無知のままに置かれています。
 動物解放団体リブの目黒が、これまで計3回25日間イルカ漁の現場をモニターした経験と収集した知見を元に、イルカ漁の全体像を整理してお伝えします。

[目的]
 イルカ漁の実態、水族館との関係、イルカ漁水族館利権について正しく知ることによって、日本人のイルカ漁の知見を正確なものとする。
 イルカを守る強い活動家と、そのサポーター、潜在的共感者を増やす。
 イルカ解放活動を、正確な知識・データに基づく、説得可能なロジックを持った活動へと進化させる。

[日程](変更あり)
 4月1日(水) 第1回 イルカ漁とは?
 4月8日(水) 第2回 イルカ漁の手順
 4月15日(水) 第3回 イルカ漁調査の手順
 4月22日(水) 第4回 水族館閉鎖
 4月29日(水) 第5回 イルカ漁からの卒業

[時間割]
 20:55 ZoomのURL送付(メールアドレスへ一括送付します)
 21:00 開始
 21:35 終了
 21:38 ZoomのURL送付
 21:40 質問・歓談
 22:15 終了

[お申込み方法]
animal.liberator.net@gmail.com
 以下のアンケートにご記入の上お申込みください。
 ※参加申し込みは、20:00で締め切らせていただきます。
 ___
 【件名】イルカ漁ウェビナー参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

[参加費]
 初回無料。
 第2回以降 500円
 お支払いは、以下のページの単発寄付からお手続きください。
  https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
  ※銀行振込の方は必ず連絡先をご記入ください。

[参加方法]
 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 予定の時間の5分前になりましたら、メールアドレスに参加URLとパスワードをお送りします。
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。
 

[内容](仮)
第1回 イルカ漁とは
 1 捕獲されるイルカの種類
   いるか漁業(イルカ追い込み漁・突棒漁業)
 2 捕獲枠
   推移
   捕獲枠の調べ方
 3 太地町
   トイレ
 4 イルカをめぐる日本の力学
   水産庁
   政治家
   利権組織
   卸 小
   右翼
 5 イルカをめぐる世界の力学
   イルカを守ろうとする人々ー消費者ーイルカ産業
 6 日本と世界のすれ違い
   プロパガンダ合戦
   日本の主張
   海外の主張
 7 イルカについて
   イルカとは
   生態

動物解放ウェビナー:イルカ漁|動物解放団体リブ

(※ウェビナーとは、ウェブで行うセミナーのこと)

[開催概要]

日本では、
イルカ漁はどのように行われているか、
現場で何が起こっているか、
どのような背景の元に産業が成り立っているか、
イルカ守ろうとする活動はどのような根拠によって行われているのかなど、
整理されないまま、議論が行われ、あるいは無知のままに置かれています。
 動物解放団体リブの目黒が、これまで計3回25日間イルカ漁の現場をモニターした経験と収集した知見を元に、イルカ漁の全体像を整理してお伝えします。  

[目的]

 イルカ漁の実態、水族館との関係、イルカ漁水族館利権を抑えることによって、日本人のイルカ漁の知見を正確なものとする。
 イルカを守る活動家と、そのサポーター、潜在的共感者を増やす。
 イルカ解放活動を、正確な知識・データに基づく、説得可能なロジックを持った活動へと進化させる。

[日程]

(活動状況によって変更あり)
 4月1日(水) 第1回 イルカ漁とは?
 4月8日(水) 第2回 イルカ漁の手順
 4月15日(水) 第3回 イルカ漁調査の手順
 4月22日(水) 第4回 水族館閉鎖
 4月29日(水) 第5回 イルカ漁からの卒業

[時間割]

 20:55 ZoomのURL送付(メールアドレスへ一括送付します)
 21:00 開始
 21:35 終了
 21:38 ZoomのURL送付
 21:40 質問・歓談
 22:15 終了

[お申込み方法]

 メッセンジャーやanimal.liberator.net@gmail.comから、以下のアンケートにご記入の上お申込みください。
 ___
 【件名】イルカ漁ウェビナー参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

[参加費]

 初回無料。
 第2回以降 500円
 お支払いは、以下のページの単発寄付からお手続きください。
  https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
  ※銀行振込の方は必ず連絡先をご記入ください。

[参加方法]

 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 予定の時間の5分前になりましたら、メールアドレスに参加URLとパスワードをお送りします。
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。

[内容](仮)

第1回 イルカ漁とは

  イルカをめぐる世界の力学
  イルカについて(生態・種類・捕獲枠)
  太地町
  イルカをめぐる日本の力学
  水産庁
  捕鯨との関係(日本鯨類研究所・共同船舶etc)
  レッドデータ(IUCN、環境省との対立)
  右翼
  プロパガンダ合戦

第2回 イルカ漁の手順

  追込み漁・突き棒漁・沿岸捕鯨・商業捕鯨
  イルカ猟師・イルカトレーナー・水族館・動物専門学校
  イルカ漁の手順
  バンガーボート

第3回 イルカ漁調査の手順

  コーヴモニター
  時間と場所
  来期のイルカ漁調査

第4回 水族館の裏の顔

  イルカシャチを監禁する水族館
  JAZA・JACRE
  水族館応援議連
  イルカショー・シャチショーはドル箱

第5 イルカ漁からの卒業

  高齢化・経済の縮小
  南海トラフ
  世界的な意識の高まりと、ガラパゴス日本
  私たちイルカを守ろうとする人々の役割
  活動指針

なぜ広い海なのにイルカは逃げられないの?〜イルカ漁についての質問に回答します〜|動物解放団体リブ

1ヶ月前の2月11日、この直後、全滅させられたカズハコンドウ35人の生前の姿です。
ボートで追い込まれパニックになっているのがわかります。

翌日、近隣のスーパーには大量のイルカ肉が売っていました。
この子たちの遺体です。
水族館から注文が無いイルカは、食べます。

質問いただきましたので回答します。
回答には、事実・観察による合理的な推測・ドルフィンプロジェクトからいただいた情報があります。
誤認等ありましたらご指摘いただければ幸いです。

【なぜ広い海なのに、イルカは逃げられないのか?】

①12隻の高機能エンジンを積んだ高速船を使用します。そのうちの1隻がイルカの群れを見つけると、他の船に連絡が行き、静かに取り囲みます。フォーメーション(イルカの囲む体制)を取ると、一斉に、バンガーで轟音を立てます。
②バンガーとは、オイルを注入した鉄のパイプです。バンガーの先を水中に差し入れ轟音を出し、音の壁でイルカを囲い込みます。イルカは音の動物であること、水中は空気中の5倍音が伝わる、等々のことでイルカはパニックに陥ります。
②パニックに陥ったイルカは呼吸が浅くなり、速く泳げなく、深く潜れなくなります。
③イルカが逃げ、追い込みが失敗するときは、若い男性だけの群れだった等が考えられます。体力があり、速く深く潜りながら逃げることができるためです。
④子どもがいるポッド(群れ)の場合、母親は子どもを守るために、子どもの速度に合わせて泳ぎます。当然漁師はそれをわかっています。

【イルカ同士で人間の危険さを共有していないのか?】

① イルカがどのような量・質のコミュニケーションをしているかわかりません。
②イルカの種ごと、さらにはポッドごとに、違う言語・方言があると考えられています。どれほど通じるのか不明です。
③海は陸地の7倍ありますので出会う確率自体が低いと考えられます。
※複数回追い込まれた経験のイルカがいる可能性があります。イルカ漁師がイルカをリリースするときには背びれに目印のタグをつけます。リリースするときに2つタグがついているイルカがいました。

【人間の船に近づかなければいいのでは。イルカ漁船の見分けはつかないのか?】

沖には数多くの船が出ています。イルカたちは回遊している間多くの船に遭遇しているはずです。海の中からは、どの船が危険なのかは見分けがつきません。イルカたちから見たら、いつの間にか船に囲まれていて突然轟音を出され、その時に初めて自分たちが危機的な状況にいることがわかるのでしょう。

【イルカトレーナーがイルカ漁に参加しているの?】

漁師がイルカを追い込んでくると、イルカトレーナーが船で集まってきます。
イルカを選別します。
若くて皮膚が綺麗な女性のイルカが高く売れます。
大人しく、芸を仕込みやすく、子どもを産ませさせることができるからです。

イルカトレーナーに選ばれなかったイルカは殺され、食べられます。
リリースされることもありますが、イルカへの優しさからではありません。

イルカ漁に参加するイルカトレーナー。ピンクの丸がトレーナー。
黄色の丸はおそらく獣医。イルカを捕まえた直後に注射を打っていた。私たちを見て笑っている。
ハンドウイルカを連れ去るイルカトレーナー。
このあと空腹にさせ、冷凍の魚を食べさせる訓練を行う。

【リリースするイルカと、しないイルカの違いは?】

イルカ猟師はハンドウイルカは捕獲をし、残りは殺さずリリースする傾向にあります。理由として考えられるは、
①不味い。
②ハンドウイルカは水族館に高く売れるので獲りすぎて個体数が減ると、将来の収入がなくなるため、リリースして子供を産ませるため。

【食べるイルカは?】

人気があるのが、マゴンドウスジイルカハナゴンドウカズハゴンドウです。
ハンドウイルカは不味いとされるようです。
前日のイルカ漁調査で、
スジイルカのポッド30人、カズハゴンドウのポッド35人が全滅させられ、
マダライルカ やハンドウイルカのリリースが多かったのはそのためだと考えられます。

追い込まれたスジイルカたち
殺されたスジイルカたちの血。

【ポッド(群れ)のとは?】

ポッドは、家族や仲間の集まりのことです。
イルカの種によって、ポッドの作り方は異なるようです。
一部紹介します。

《ナーサリーポッド(子育て専用の群れ)》
ハンドウイルカは、”ナーサリーポッド(Nursery Pod)”という、母子とそれをサポートする経験ある女性たちで構成される子育てのための群を作ります。
漁師たちはナーサリーポッドを好むと思われます。理由は、
①子どもがいるので速く泳げず、またパニックに陥るため、母やサポートの女性は子どもをケアするため逃げることができない。
②高く売れる若い女性や子どものイルカがいる。
③残りをリリースすれば再び子どもを産み、将来また追い込み、捕獲し、販売することができる。
《若い男性だけのポッド》
若い男性だけのポッド。
《混合のポッド》

ハンドウイルカは他の種のポッドと混合のポッドを作るようです。マゴンドウとの混合ポッド、ハナゴンドウ との混合ポッド等です。

ポッド。一番手前が子ども。

イルカ猟調査レポート:ハンドウイルカ_捕獲6(2020/2/3)|動物解放団体リブ

1月29日〜2月15日まで行った、イルカ猟調査のレポートをまとめます。

2020年2月3日

太地漁港 イルカ漁船の出航

9月1日から毎日のように行われているイルカ猟。
海外の人は知っていますが、
当の日本人のほとんどが知りません。
一人でも多くの人に、太地町の猟で捕まえられ、高値で売り飛ばされたイルカたちが、
世界中の水族館でショーをさせられている、ということを知っていただきたいです。
もちろん日本の水族館もそうです。
イルカショーを無くせば、イルカ猟はかなり縮小させることができます。
水族館に行かない人が増えるよう、今日もシェアをお願いいたします。

船が漁港に戻りかけ 再び海へ

船が帰って来てたのですが、海に戻って行きました。
見つかってしまったのかもしれません。

追い込みがはじまる

追い込まれた

最終レポート

イルカトレーナーたちと水族館関係者が船でコーヴにきて、ハンドウイルカを連れ去りました。
ハンドウイルカの家族は、分断され、訓練され、世界中の水族館に売られ、死ぬまでショーをさせられます。
選別するイルカトレーナーの女性のはしゃいで笑う声が、コーブに響いていました。

20200129-30 出発-那智勝浦到着
20200131 レッドコーヴハナゴンドウ捕獲1・殺害4
20200201 ブルーコーヴ
20200202 レッドコーヴスジイルカ捕獲3・殺害37 
20200203 レッドコーヴハンドウイルカ捕獲6
20200204 レッドコーヴマダライルカ捕獲20・リリース15
20200205 ブルーコーヴ
20200208 ブルーコーヴ
20200209 レッドコーヴスジイルカ殺害30
20200210 レッドコーヴハンドウイルカ殺害5・リリース5
20200211 レッドコーヴカズハゴンドウ殺害35
20200212 レッドコーヴハンドウイルカ_殺害4・リリース26
20200213 ブルーコーヴ
20200214 ブルーコーヴ
20200215 ブルーコーヴ

Project0 イルカ

日本のイルカを0に
http://animal-liberator.net/project0_dolphin/

〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)

世界のイルカ飼育・捕獲・繁殖禁止|動物解放団体リブ

イルカを水族館などの施設に囲うことを禁止した国と、厳しい基準によって水族館でイルカを飼育できなくなった国

1985 オーストラリア
1993 イギリス
1999 キプロス
2005 コスタリカ・チリ
2009 クロアチア・ニュージーランド
2011 トルコ
2013 インド
詳細不明だが禁止 スロベニア・ハンガリー・ウルグアイ・ノルウェー・ポーランド
厳しい規制のため水族館がない ブラジル
その他の理由で禁止 スイス・オーストリア・アイスランド

自国の水域内でイルカ・クジラ類の捕獲を禁止している国、及び、イルカ・クジラ類の輸出入を禁止している国

1989 台湾
2002 メキシコ
2008 チリ
2013 ソロモン諸島・スイス
その他 キプロス・ハンガリー・インド・コスタリカ・アルゼンチン・マレーシア・ブラジル・カナダ・ニカラグア・オーストラリア・中国・インドネシア・ラオス・フィリピン・シンガポール・タイ

イルカ・クジラ類を飼育展示しないと宣言した水族館

世界 70館以上
アメリカ 12館
日本 0

(エルザ自然保護の会調べ)

Project0 イルカ

日本のイルカを0に
http://animal-liberator.net/project0_dolphin/