自由へ シャチの解放

第二世代以降のシャチたちは、タンクで生まれ、タンクで死にます
決して自由になることのできない運命を背負わされたシャチたち。

日本に監禁されているシャチは、7人。
第一世代 ステラ
第二世代 ラビー ララ ラン リン
第三世代 アース ルーナ


【クラウドファンディング成立 ありがとうございました】 (2020/6/15 – 2020/7/23)

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額 176万円

ご参加ご支援いただきどうもありがとうございました。

プロジェクト内容はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting


太地町はシャチを捕まえて水族館に売っていました。
オルカ捕獲事件
そのシャチたちは、全員亡くなりました。

シャチの解放とは、新たな犠牲者となるシャチを増やさせない、手に入れさせないこと。

シャチの解放とは、「未来の解放」です。

《Project0 シャチ》
Project0 シャチ 日本のシャチを0に
YouTube
イルカ・シャチの異常行動

175 大分マリーンパレス水族館 うみたまご(190108/大分県大分市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

【特徴】

・頭をプールの底に打ち続けるイルカ
・ハセイルカ

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

《準備中》

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 イルカ》
 Project0 イルカ
 YouTube
 イルカ・シャチの異常行動
 イルカ漁ドキュメンタリー 〜イルカはどこから来るのか〜

《参考 魚》
 魚類における恐怖・不安行動とその定量的観
 魚は痛みを感じるか


〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)


A-119 大分マリーンパレス水族館 うみたまごUmitamago

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/umitamago/
Tw:https://twitter.com/umitamago_staff
Insta:https://www.instagram.com/umitamago_staff/
YouTube:https://www.youtube.com/user/umitamagostaff

〔連絡先〕
Mail:https://www.umitamago.jp/help/contact/
TEL:097-534-1010 FAX:097-534-1013
住所:879-2111 大分県大分市本神崎3078-22

〔リンク〕
Web:https://www.umitamago.jp/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%88%86%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8

〔情報〕
種類:民
所有:株式会社マリーンパレス
運営者:〃
JAZA:◯

〔LIB情報〕
調査日:2019年1月8日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/190108-175-umitamago
写真:https://photos.app.goo.gl/PMvYNi7XH1PtUs3g6
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCpLBRAbdKdpNV2yX9bcu6E2

リーフレット『シャチ』完成しました|動物解放団体リブ

《表》

《裏》

シャチを守るためにお役立てください。
お申し込みは文末から。

【子供を連れ去られたシャチの家族】

1997年、太地町で10人のシャチの群れが追い込まれ、その内5人が「学術目的」の名目で生け捕りにされました。

捕われた5人の中には子供のシャチも含まれていました。

シャチの群れは家族だけで構成されています。
その絆はとても強く、生涯、家族の群れで一緒に過ごします。

〈太地町のシャチ捕獲のドキュメンタリー〉

撮影:エルザ自然保護の会

先述通り、捕われた子どものシャチの様子も映されています。

子どものシャチは泣いていました。(4:20)
こんな事を言うとおかしいと思われるかもしれません。
けれど 聴いてみてください。
鳴く、という表現は当てはまらないのです。
子どものシャチは泣いていました。

その悲しみに満ちた叫び声は、人の子どもの泣き声のようです。

残りの5人の家族は、海へ放された後も
なかなかその場から離れようとせず、漁師たちがボートで追い払っても、留まろうとする姿が胸に突き刺さります。

子どものシャチが捕われ、泣いている横で、人の女性の笑い声と子供たちの声が聞こえてきました。

すべての母親に問いたい。
あなたたちの子供が目の前で連れ去られたら、すぐにその場を離れることなんてできますか?
どんな思いがしますか?

動物たちと私たちは、何も変わらないのです。

捕われた子どものシャチは、その後たった4ヶ月で死亡しました。
(和歌山県アドベンチャーワールド)

シャチがもう二度と野生から捕われないように、
そして、水槽で一生を過ごす不幸なシャチを増やさないように、
リブはリーフレットを作りました。

野生のシャチやイルカは 困難があろうとも、生きる喜びに満ちていると聞いた事があります。

動物園や水族館にいる、囚われの動物たちのことを周りの人に伝える時、リーフレットをぜひ利用してください。

リーフレットご希望の方は、20部まで無料で送付いたします。

リーフレットお申し込みは 画像をクリック ↓

動物を解放しましょう。

(リブ 板垣さやか)

アドベンチャーワールド 『シャチ』/Adventure World “Orca” (9/ 12)|動物解放団体リブ

【アドベンチャーワールド (計13回)】
1回  幻想と現実 
2回  ゾウ
3回 
4回  ホッキョクグマ
5回  クマ
6回  サイ
7回  イルカ:イルカショー
8回  イルカ:収容環境
9回  シャチ
10回 パンダ
11回 ワオキツネザル
12回 シカ
13回 動物

【アドベンチャーワールド 『シャチ』】(9 /12)

アドベンチャーワールドはこれまで、14人のシャチを収容し、すべて死亡させています。
施設と観客の犠牲にされてしまいました。

現在は世界的な批判が高まり、シャチの収容できずにいます。
金や見たい触りたいエサをやりたいといった人間の短絡的な欲望の充足を志向しますが、海外の環境のにより、抑えられている状況です。

彼らに自助は期待できません。
もしシャチが監禁可能となったら、日本では、数多くの水族館が獲得に動き始めるでしょう。
日本の動物園水族館は、あまりに意識が低く、倫理的に劣っていると言わざるを得ません。

水族館は「種の保全」施設であると主張します。
しかし実際には、アドベンチャーワールドだけで14人ものシャチを殺しました。
ゾウ、イルカ、シャチ、ゴリラ、ホッキョクグマ、すべて減らしてきました。

動物解放とは、主権者の意識を高め、消費行動の変化を促すことです。

[アドベンチャーワールドで死んだシャチ 14人]

キアヌ(女)(1968アメリカから 12年で死亡)
名無し(女)(1979太地町 1ヶ月で死亡)
名無し(女)(1979 太地町 2ヶ月で死亡)
ベンケイ(男)(1979 太地町 10年で死亡)
ウシワカ(男)(1980 アイスランド 3年で死亡)
ルカ(女)(1980 アイスランド 19年で死亡)
ゴロー(男)(1985 太地町 20年で死亡)
アイ(女)(1989 アイスランド 7年で死亡)
ラン(女)(1989 アイスランド 15年で死亡)
名無し(女)(1997 太地町 4ヶ月で死亡)
名無し(女)(1997 太地町 4ヶ月で死亡)
キュー(男)(1997 太地町 7年で死亡)

太地町から7名:全員死亡(うち4名は4ヶ月以内に殺している)
アメリカから1名:死亡
アイスランドから4名:全員死亡


〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)


Adventure World “Orca”

Adventure World has confined 14 killer whales to date.
All are died.
The killer whale has been sacrificed at the facility and the audience.

Today, global criticism is growing and the killer whales are unable to accommodate.
We aim to satisfy human short-term desires such as wanting to do gold and want to see and touch, but this situation is being restrained by the overseas environment.

We can’t expect them to help themselves.
If killer whales become confined, many aquariums in Japan will begin to acquire.
Japanese zoos and aquariums are too unconscious and ethically inferior.

The aquarium claims to be a “species conservation” facility.
But in fact, Adventure World alone killed as many as 14 killer whales.

[14 killer whales in Adventure World]

Keanu (female) (died in 12 years from the United States in 1968)
Unnamed (female) (1979 died in Taiji-cho 1 month)
Unnamed (female) (1979 died in Taiji-cho 2 months)
Benkei (male) (died in 1979 Taiji-cho 10 years)
Ushiwaka (male) (died in 3 years in 1980 Iceland)
Luka (female) (died in 1980 Iceland 19 years)
Goro (male) (died in 1985 Taiji-cho 20 years)
Eye (female) (died in 1989 Iceland 7 years)
Orchid (woman) (died in 1989 Iceland 15 years)
Unnamed (Female) (1997 Taiji-cho died in 4 months)
Unnamed (Female) (1997 Taiji-cho died in 4 months)
Kew (male) (died in 1997 Taiji-cho seven years)

7 Orca from Taiji: All died (4 killed within 4 months)
1 Orca from The United States: died
4 Orca from Iceland: All died