中間報告。残23収容所

昨年11/2、ファンディング成立と同時に出発、5ヶ月が経ちました。

これまで149日が経ち、
164収容所を調査(※含動水以外)
12日間 太地コーブモニター
1日 シンポジウム参加
5日 休日(休日の内3日は長距離移動)

※カレンダーの仕様上、重なって表示されている施設があります


調査は、いよいよ残り23収容所です。(※1施設追加の可能性あり)

半年近くの間毎日、動物の苦しむ姿を見続けるという経験はあまりないでしょう。
得がたい経験と知見を得、膨大な情報を積み重ねてきました。
今後の活動において基礎情報となるデータです。

この貴重なデータは、このプロジェクトに価値を見出され、ご参加くださった皆様の力が結集したものです。

あと23収容所。
見届けてくだされば幸いです。

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:https://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔日本一周!動物園水族館調査 進捗〕
https://animal-liberator.net/animal-liberator/
〔マンスリーサポーター募集中〕
https://animal-liberator.net/animal-liberator/support

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
〔動物の異常行動リスト〕
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/list_abnormal-behavior/
〔コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由〕
https://tabi-labo.com/175608/costaricazoo

クラウドファンディング 達成しました!

皆様のおかげで無事達成することができました。
ご参加くださった方、シェアしてくださった方、皆様のお力です。
必ず達成できると確信していましたが、それでも心が焦る時はありました。
ともあれ達成できてホッとしています。
 
これでスタート台に立つことができました。
明日から本格的に準備して、2日には出発します。
長い調査になります。
気合が入り、目が醒める思いがします。
 
この調査が、来たるべき未来、動物の解放のその瞬間を1秒でも早めるために重要なターニングポイントになるように進めていきます。
どうもありがとうございます。
 
南日本編の特設サイトを作りました。
まだ何もいじっていない状態ですが、FBページとともに、こちらに進捗をアップしていきます。
今回、中継等は、LIBのFBページで行います。
こちらからご覧いただければと思います。
 
いよいよ2日に出発し、3日から調査開始です。
ぜひ一緒に調査をしているような感覚で見ていただければと思います。
 
また旅先ではできるだけ多くの方にお会いできればと思います。
調査中はいっぱいいっぱいですので、近くまで来たようでご都合合うようでしたらご連絡いただければうれしいです。
 
ともあれ、スタートです。
やりましょう。

市原ぞうの国 ぞうの地獄

『ブルフック』(Bullhook)いう道具をご存知でしょうか。
カギ状の金属を付けた、調教=虐待道具です。

市原ぞうの国では、ブルフック子どものゾウまで殴り、引っ掛け、暴力を振るっていました。

しかし、観客は気づかない。
目の前で暴力と虐待が行われているのに。

市原ぞうの国は、「ぞうのツボを押している」と言っていました。
恥ずかしくないのでしょうか。

また「調教棒」と呼ぶのもインターネットで「ブルフック」と検索されるのを防ぐためでしょう。
日立かみね動物園収容所では「手カギ」と呼んでいました。

こんなことはいつまでも続けられません。
いつか必ず止めるときがきます。
止めさせましょう。

〔世界中のブルフックによる虐待〕
https://youtu.be/oeTbbN16ZDA

【市原ぞうの国】
http://www.zounokuni.com/

住所:〒290-0521 千葉県市原市山小川937
TEL:0436-88-3001
メールフォームhttp://www.zounokuni.com/contact/

 

エサにされる動物たち|

ふれあい体験のヒヨコは、床や机の角に叩きつけられ、肉食獣や猛禽類のエサになります。

「活妊娠マウス」とは、妊娠中のマウスのこと。子供が生まれたら生きたまま”エサ”とする用に売られています。

ヒヨコは、くちばしや爪をもぎ取られることもあります。
やるのは、子供達に「優しく触ってあげてね」と言っている飼育員たちです。

Readyforの記事「”エサ ”」はこちら
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium/announcements/87288

※この後、かわいそうな写真が続きますが、かわいそうなことをしているのは私たちではなく、私たちはこれを止めようとしているということにご留意ください。

ねずみたちは、冷凍され真空パックか、生きたまま活マウスとして売られます。
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&authuser=0&biw=1198&bih=611&tbm=isch&sa=1&ei=3RXEW_xUg7bxBZTRp8AP&q=%E9%A4%8C%E3%80%80%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F&oq=%E9%A4%8C%E3%80%80%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F&gs_l=img.3..0j0i24k1j0i5i30k1l3j0i8i30k1l4.10892.13978.0.14544.16.14.2.0.0.0.318.1541.0j10j0j1.11.0….0…1c.1j4.64.img..4.7.1063…0i4i24k1j0i4k1.0.k7_6vtfMiNs

検索用ワードです。検索してみてください。
《活ピンクマウス 活マウス 活妊娠マウス 餌用ヒヨコ》

マウスやラット殺し方は、頚椎脱臼。首の付け根を持ち尻尾を勢い強く真っ直ぐ引く。失敗するともがき苦しみます。

知らない人にとっては残酷で、無慈悲で、非倫理的な行為ですが、
収容所(動物園水族館)や収容所ファンはもちろん、爬虫類や猛禽類、両生類を飼育している人々にとっては当たり前です。

競馬馬や家畜も、収容所の”エサ”です。

「動物好き」や「動物慰霊碑」を立てている人々はこういう方々です。

尊厳も何もありません。

ヒヨコやねずみたち、その他人間に利用搾取されるすべての動物たちは、支配され、暴力を振るわれ、なすすべもなく死んでいきます。
たった一度の人生を。

わたしたちは、本当に未来永劫、こんなことをし続けるのでしょうか。

動物に権利が必要です。
何としても。

権利が無いから、人間たちに無茶苦茶されています。
文字通り、無法地帯です。
この領域では、動物愛護法など何の役にも立ちません。

我々 人間たちの暴走を止めるための、新たな法律が必要です。
法律を作りましょう。

動物を解放しよう。

__________________


【クラウドファンディング 実施中】

日本すべての動物園水族館を調査するプロジェクト。

日本一周!動物園水族館【南日本編】

2018111日、世界ヴィーガンデーまで。
このプロジェクトで動物たちの現状に光を当てましょう。

クラウドファンディングはこちらから
 
https://readyfor.jp/projects/zoo-aquarium

残り、17日。

__________________

【写真撮影地 (動物園水族館調査【北日本編】より】

Z-2 旭川市旭山動物園(180430/北海道旭川市)
Z-5 釧路市動物園(180412 北海道)
Z-21 東北サファリパーク(180520/福島県二本松市)
Z-28 宇都宮動物園(180403/栃木県)
Z-48 恩賜上野動物園(180619/東京都台東区)
Z-52 多摩動物公園_1180525/東京都日野市)
Z-56 夢見ヶ崎動物公園(180615/神奈川県川崎市)
Z-59 野毛山動物園(171013/神奈川県)

他にもあります。
うまく隠しているところ、
客が入る前に片付けるところなどもあります。