英政府が「動物園」でのゾウの飼育を禁止へ。日本はいつ?

日本政府が、ゾウの飼育を禁止するか否かは、私たち活動家にかかっています。
では、私たちがどうなれば、ゾウの飼育を禁止させることができるのでしょう。 

英政府が、国家としてゾウの飼育を禁止

英政府が「動物園」でのゾウの飼育を禁止へ

(TABI LABO, 2021/08/10)


私たちからすれば当然であり、そうなるだろうとわかっていたことですが、日本ではまだ理解できない人もいるでしょう。

近年、ゾウへの共感、尊重が広がっていました。
サーカスでのゾウをはじめとする動物の利用が禁止となり、ついに米リングリングサーカスは閉鎖しました。
さらに動物園自らが、ゾウの飼育は人間には不可能だと認めはじめました
動物園は、サンクチュアリにゾウを送り、動物園自身が二度とゾウの飼育はしないと宣言しています。

イギリスが、国家として、ゾウの飼育を禁止としたことは画期的なことです。
しかもイギリスは、近代動物園(Zoo)が発祥した国です。
日本はイギリスを見習って動物園を作りました。

これはゾウへの知識、科学的な知見の広がり、動物権利意識の広がりの必然的な流れです。
日本でも一部、ゾウの飼育はもうしないと宣言した動物園があることは、日本でもその流れが始まっていることを示しています。

しかし一方、99%以上の日本の動物園が「異常行動」すら観客に伝えていません
動物園の動物の異常行動
動物園水族館は、日本人に教育すべき情報の半分を隠しています。

動物の権利意識が30年遅れと言われる日本
日本でゾウの飼育監禁が禁止となるのは、30年後かもしれません。

しかし、数年前と比べても、ゾウの飼育監禁を始め、動物搾取に異議を唱え、ライフスタイルを変える人々は驚くほど増えました。

では、日本でゾウの飼育を禁止させるには?

京都で行われた動物園水族館シンポジウムで、ブロンクス動物園で働く動物園関係者が、
「日本の動物園のレベルが低いのは、日本の動物活動家が”弱く”、進化圧が働かないため」
と言っていました。

英国の活動家たちは強い。
一般の活動家に加え、弁護士、政治家、官僚、セレブリティなどの活動家もいます。
つまり、私たち日本の活動家 が”強く”なれば、動物園は動物たちの環境を良くせざるを得ず、最終的には監禁を放棄せざるを得なくなる、ということです。

”強く”なるとは、”社会的に強く”なることです。

私たちが巨大な動物産業に対抗でき得る武器は、知恵です。

ほとんどの点、資金、人材、ネットワーク、プロパガンダ、法的庇護すべて負けています。
この流れを、逆にしなければならない。

社会的に強くなるには、動物に関する知識、社会システム、人間、動物産業、そして事業組織財源に関する知識をつけ、最も的確で効果的な活動を行う。
感情と論理を使い分け、融合させ、社会を啓発、説得していく。
これらの総体、これらから創発するのが知恵です。

そのためには多方面の勉強と経験が必要です。
リブではその機会を本や講演会で提供していきます。
また、時が来たらリブの組織的な拡大を推し進めていきます。
社会的に強くなりましょう。


【動物園水族館について勉強できる本『動物園水族館閉鎖』】

動物園水族館が何を見せ、何を隠して来たか。活動の知識基盤、考え方を勉強できます。
http://u0u0.net/bffw


【ご支援募集】

リブの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
動物たちの未来を、私たちの未来をつくりましょう。

[毎月どうぶつサポーター(マンスリーサポーター)]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
¥1,000円/month~

[単発寄付]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「今回のみ」を選択


クラウドファンディング『イルカを解放しよう!』終了報告

『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』 7月10日をもってプロジェクトを一旦終了いたします。

ご支援いただいた皆様、応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

【進捗】

私は終了日を7月23日だと勘違いしお知らせしていましたが、7月10日でした。
いずれにせよ、脱稿には遠く、完成までには時間がかかります。
リターンとして現在までの原稿を一旦お送りさせていただき、改めて完成版をお送りいたします。

プロジェクトの3本の軸は以下
1. イルカ漁の調査と関係者への取材
2. イルカ漁中継
3. 本を執筆し出版する
活動の総括に関しては、終了報告へ
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting/accomplish_report

【収支報告】

皆様からご支援いただいた資金は、1,760,000円。
内訳)
家賃光熱費 546,596円
車両費 649,156円
通信運搬費(Wifi、電話、切手等)  138,530円
新聞図書費(本、資料、海図)  86,677円
機材(撮影機器、周辺機材等) 226,713円
計 1,702,672円
その他消耗品等に活用させていただきました。

【最後に】

皆様のご支援、ご参加により、プロジェクトを無事終了させることができました。
本は完成しませんでしたが、引き続き執筆を続けています。
今後もイルカ解放、動物解放のために様々な活動、発信を行い、社会の変化を促していきます。

クラウドファンディングの終了報告にファンディングのお知らせで恐縮なのですが、
リブの事業を拡大するために、毎月どうぶつサポーターの募集をしています。
継続的なご支援もご検討いただければ嬉しく思います。

皆様のご参加、ご支援に重ねて感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人 動物解放団体リブ
代表 目黒峰人


【毎月どうぶつサポーター募集】
¥1,000円/month〜
リブの活動はご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来を、私たちの未来を変えましょう。
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択(1,000円〜)


【電子書籍】
『動物園水族館閉鎖』
http://u0u0.net/bffw
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

たらい回しにされて亡くなったアムールトラ「ヒロシ」|動物解放団体リブ

たらい回しにされる動物たち

ヒロシと同じ とくしま動物園で亡くなったミナミ

「アムールトラの「ヒロシ」死ぬ 徳島の動物園に秋田から貸与されたばかり」
https://mainichi.jp/articles/20201225/k00/00m/040/232000c


「動物園水族館は、絶滅危惧種などの種の保全をしているのでは」
という意見があった場合、以下のように答えます。

「ゴリラやゾウ、サイ、ホッキョクグマ等々、これまで輸入した数と、死んだ数、生き残っている数を比較すれば、保全になっていないことは明らか」(他にも様々な答え方があります)
アムールトラに関してもそうです。

ブリーディングローンや動物数の調整のため、動物たちは「ヒロシ」のように日本中をたらい回しにされています。

移送は、動物に多大なストレスを与えます。
これまでも多くの動物が死にました。
例えばイルカは「歩留まり7割」と考えられていました。
10人移送した場合、最初から3人死ぬことを想定しているということです。

動物園水族館は、表の顔と裏の顔が異なる産業。

『動物園水族館閉鎖』を読むと、動水の主張を崩し、動物たちを守ることができます。
ぜひ読んで、動物解放活動を強い活動にしていきましょう。
画像をクリック ↓

とくしま動物園では2018年5月23日にもアムールトラの「ミナミ」が突然死しています。

動物たちのために声を届けてください。

【秋田市大森山動物園】
TEL:018-828-5508
FAX:018-828-5509
Mail:https://www.city.akita.lg.jp/cgi-bin/contacts/G030005
〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/omoriyamazoo/
Tw:https://twitter.com/omoriyama_zoo
Insta:https://www.instagram.com/omoriyamazoo/
YouTube:https://www.youtube.com/playlist?list=PLDgImmR5JpZiZoBnh_rSZfln3tYI9ELDe

【とくしま動物園】
TEL:088-636-3215
FAX:088-636-3218


63 だっこして!ZOO!(180606/神奈川県箱根町)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

【特徴】

・西武グループ
・異常行動がそこここで見られる

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

1 ベルトを嫌がるキツネザル

このキツネザルはこの動画を撮る前にも、ベルトを嫌がり鳴き叫んでいました。 木屑を掘ると、下にはプラスチックしかありません。 それでも掘り続ける姿がとてもかわいそうでした。

2 アカハナグマ 異常行動

動物園のこれよりは広い環境、土や木が入れられている環境でも、異常行動を起こすアカハナグマ 。 そんな繊細な動物を、この狭い空間で、一日中人間の目に晒しています。 そのことに全く問題を感じないのでしょうか。 またこの行動をどう捉えているのでしょうか。 金のためなら動物の苦しみは無視なのでしょう。

3 アカハナグマ 異常行動

ずっと異常行動に陥っていました。
アナウンスの飼育員の甘えた、媚びた声が空虚に響きます。

4 ミーアキャット 異常行動

ミーアキャットも異常行動に陥っていました。
観客は「かわいい」と言っていました。
正解は『かわいそう』です。
しかし、誰も、このミーアキャットの苦しみに気づく観客はいません。
飼育員はもちろん気づいているでしょうが。

【63 だっこして!ZOO!〔資料施設〕(180606/神奈川県箱根町)】

180606 63 だっこして!ZOO!:資料1 360°
180606 63 だっこして!ZOO!:資料2 入って右側全体像
180606 63 だっこして!ZOO!:資料3 入って左側全体像

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Z-64 だっこして!ZOO!/Hakone Hugzoo】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/zookiss.hakone/
Tw:https://twitter.com/zookisshakone
Insta:https://www.instagram.com/hugzoo/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCVGCUKiagyo1-hjrpF7BgcA

〔連絡先〕
Mail:-
TEL:0460-83-1151
FAX:-
住所:250-0522 神奈川県 足柄下郡箱根町元箱根139

〔リンク〕
Web:https://hakone-hugzoo.com/
Wiki:

〔情報〕
種類:民
所有:(株)プリンスホテル
運営者:〃
JAZA:-

〔LIB情報〕
調査日:2018年6月6日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/180606-63-hakone
写真:https://photos.app.goo.gl/reluwMmzSWJ35aPw2
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCqw8FDhEnnjrkoM8rkDj0KK

78 恩賜上野動物園(180619/東京都台東区)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

【特徴】

・日本最初の動物園
・そこここに、”餌”用の動物の死体が転がり
・動物たちは異常行動に陥っている

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

1 調査開始

2 パンダ

平日にも関わらず、パンダの子どもを見るために90分待ちの列ができていました。
「客寄せパンダ」という言葉は、上野動物園が初めてパンダを収容したときから始まっています。
それが転換したものが、動物に子供が生まれると、大々的に広告を打ち集客する手法です。
そしてこの手法は効きます。
子供が生まれるということは、実際には生まれながらにして奴隷の自然に還ることができない運命の子が生まれるということなのですが。
観客は自分たちの行動が、不幸な動物たちを増やしているということを自覚しなければなりません。

3 ゾウ

上野動物園でも異常行動に陥っっていました。
当然のように、異常行動に関する教育的な掲示は無く、動物園にとって有利な情報、ゾウの搾取の方法などの掲示がされていました。

上野動物園には、女性のゾウが3人、男性のゾウが1人監禁されています。
繁殖に使われ、流産し、あるいは小さいうちに子どもを失くし、日本各地に連れ回され、いいように使われています。
最低のことを行なっているのですが、動物園も動物園ファンもそれがまるでいいことのように思い込んでいます。

アティ
 男
 2017(推定)タイ生
 2002年10月11日 上野動物収容所に監禁

ダヤー
 女 41才(2018年時点)
 1977年(推定) インド生
 1984年9月20日 上野動物園に監禁
スーリヤ
 ? 24才(2018年時点)
 1994年(推定) インド生
 2001年4月5日 上野動物園に監禁
ウタイ
 女 20才(2018年時点)
 1998年(推定) タイ生
 2002年10月11日 上野動物園に監禁

4 ゾウ 異常行動

この動画の前から、ゾウが吠え、壁に頭をぶつけ、精神的なストレスを表していました。

動物園で見るのが辛いのが、動物同士が、労わりあい、励まし合い、あるいは、おかしくなった仲間の元に駆け寄り、そっと側にいてあげる姿を見ることです。

完全に狂ってしまったフサオマキザルに寄り添う、自分も辛そうな顔をしたフサオマキザル、
そっと近づき、仲間を抱きしめるエリマキキツネザル、
仲間の胸に顔を埋め、背中を撫でてもらうニホンザル、

ほとんどの人々はそれを見ても何も感じません。
動物は私たちが思っているよりはるかに、豊かな精神生活を持ち、思考を持っています。

5 ゾウ

6 ホッキョクグマ 異常行動

典型的な異常行動です。
この日は暑く、人間に囲まれ、辛そうでした。
監禁され、見世物にされる運命となった動物は不幸です。

7 異常行動

「この行動は餌の時間になって、落ち着かなくなった姿に見える」とのご指摘を間接的にですがいただきました。

確かにご飯の時間が近かったようです。
しかしお聞きしたいのは、「では、これは自然のツキノワグマの姿、振る舞いですか?」ということです。

日本では異常行動を、施設も学者も結託して過小評価し、無いものにしようとしているのではないでないかと見えています。
ゆえに、異常行動に関する研究も少なく、ゆえに、知見が集積されず、解決方法を自ら気づくこともなく、そして自助できない。
結局、動物擁護団体や外圧によって、変わります。

狭い監禁施設です。
これが異常行動であるかどうか、誰も気にしないのでは無いでしょうか。
ゆえに、彼は一生これを続けます。
かわいそうです。

9 ゴキブリ

餌用のゴキブリを繁殖させながら餌にしています。

動物に関する専門的な勉強をしてきた方、あるいは、飼育員に慣れきった方々は、一般とはだいぶズレていると感じています。
飼育員やトレーナー、特に農学部出身の人々の、動物の扱いは冷酷で残虐です。
小動物や虫などを殺すのも通常業務です。
実験や解剖や去勢や放血を行ってきた方々ですので。

そちらが当然で、私たち動物に配慮し、権利を獲得し、解放しようという人々は、”プロではない”と感じるのかもしれません。

しかし、こういった仕事にしろ、畜産業、屠殺業が成り立ち、学問が成立するのは、消費者が求め、そこに金が回るからです。

動物にとっての最悪の連鎖をどこかで止めなければなりません。

10 ゴキブリ

11 コモンマーモセット

資料

〔資料 東園〕
資料東園1 日本の鳥展示室 https://youtu.be/K5v54_l3TXQ
資料東園2 ニホンジカ牢屋 https://youtu.be/wjPPM0Q8nTg
資料東園3 象牢屋一周 https://youtu.be/jeltaK7F3RA
資料東園4 象女性牢屋1 https://youtu.be/T–RuFGBJFA
資料東園5 象女性牢屋2 https://youtu.be/_hu1gdR1xCc
資料東園6 象男性牢屋 https://youtu.be/5TUMg0LN6wg
資料東園7 象バックヤード https://youtu.be/noDq_MWt-ME
資料東園8 ライオン牢屋 https://youtu.be/oEsx4LopfGU
資料東園9 ゴリラ牢屋 一周 https://youtu.be/GAKd4KGCE8A
資料東園10 ゴリラ牢屋 1 https://youtu.be/hTLGzCyo9PI
資料東園11 バードハウス2F1周 https://youtu.be/uDYuf7UPAjE
資料東園12 ホッキョクグマ牢屋 https://youtu.be/0jf6fUFVdTU
資料東園13 エゾヒグマ牢屋 https://youtu.be/MMTPJ5EWSCc
資料東園14 ツキノワグマ牢屋 https://youtu.be/OLyxoZP-SS8
資料東園15 マレーグマ/ハクビシン/コツメカワウソ牢屋 https://youtu.be/Il9Alu986dg
資料東園16 猿山 https://youtu.be/SL_PVl2FnDQ

〔資料 西園〕
タテガミオオカミ牢屋 https://youtu.be/xDQIKTm3VPA

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 ゾウ》
  Project0 ゾウ 日本のゾウを0に
  YouTube再生リスト ゾウ

  ゾウの心の壊し方(Breaking the spirit of the elephant)
  ブルフックの使い方(The Cruelty of the Bullhook)

  日本のゾウの単独監禁 現在12人
  Elephant in Japan:日本の動物園において単独飼養されているゾウに関する調査報告書

《Project0 大型類人猿》
  Project0 大型類人猿 日本の大型類人猿を0に
  YouTube

《Project0 ホッキョクグマ》
  Project0 ホッキョクグマ 日本のホッキョクグマを0に
  YouTube


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Z-48 恩賜上野動物園/Ueno Zoological Gardens】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/pages/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92/508269485853791
Tw:https://twitter.com/UenoZooGardens
Insta:-
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC72bkkvKulLl_muXs0ygF_Q

〔連絡先〕
Mail:https://form.kintoneapp.com/public/form/show/328cf53660d7a249526019084dcb8be3fb7152e8a46cad3889fcf05e577821aa
TEL:03-3828-5171
FAX:-
住所:110-0007 東京都台東区上野公園9-83

〔リンク〕
Web:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E8%B3%9C%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92

〔情報〕
種類:行政
所有:東京都
運営者:(財)東京動物園協会
JAZA:〇

〔LIB情報〕
調査日:2018年6月19日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/180619-78-ueno
写真:https://photos.app.goo.gl/c8H1z8QH7dSAYXb19
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCplTGspBDmm9Qn_BMYTtH9y