京都市動物園「いのちに敬意」ライオン飼育終了へ|動物解放団体リブ

「いのちに敬意」ライオン飼育終了へ アカゲザルも 京都市動物園「福祉向上」掲げ(2020年1月15日)

https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/040/150000c?fbclid=IwAR16jyWJV4j72kNIzp2kS7-ZUvPojugjd9UsQTjzbaWO7o9cFyDfihCG4uA

一定の評価はしますが、他の動物の監禁は変わらず行われていることは忘れてはいけません。

新構想を象徴する園の「理念」は、
「ヒトを含む全ての動物のいのちと暮らしに敬意を持って向き合う」
だそうです。
ヒトに対して、いのちと暮らしに敬意を持って監禁しますか?

動物園とは欺瞞と矛盾そのものである、ということです。
先の言葉を実現するには、動物解放以外にはあり得ません。

リブは、動物園水族館を閉鎖させるまで、動物を解放し、自由にし、尊厳の尊重と権利を確立するまで、手を緩めることはありません。

京都市に以上の意見を届けています。


『 毎月どうぶつサポーター 』大募集キャンペーン中

 (3月31日まで)
あなたの力が、動物解放を進めます。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう

① リンクをクリック
②「毎月」を選択
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ 入力


1月15日(水)までに、5名の方が『 毎月どうぶつサポーター』になってくださいました。
本当にどうもありがとうございます。
あと95名(100名目標)
どうぞよろしくお願いいたします。

子牛市場/A calf market in Japan|LIB

【子牛市場】


気温34℃の中、子牛には水も食べ物もあげません。
座れないように、鉄柵にヒモで顔を括られています。
子牛たちは、泡を吹き、涙を流していました。
倒れ込んでしまい、顔を吊られて、横倒しになっている子牛。
熱中症で倒れ、全身が痙攣している子牛もいました。
悲惨でした。

子牛たちと目が合います。
いやだ、助けて、うちに帰りたい。
子牛たちは、生まれてまだ1年も経っていません。
一人一人が顔も性格も違う、個性と尊厳のある存在。

2日で、600人以上の子牛が売買されました。
この子たちがすべて、人間の胃の中に吸い込まれていくと想像すると、悪夢のようでした。


[A calf market in Japan]


Under the temperature of 34 ° C, the cow owners give their calves no water or food.
The face is tied up with a string on the iron fence so that they can not sit.
The calves were bubbling bubbles and shed tears.
Some calves fell down and were lying down with their faces hung on the pimp.
A calf fell with heat stroke and his entire body was cramped. .
It was miserable.

The calves see my eyes.
No, help, I want to go home.
The calves have not been born a year yet.
They are unique beings with a different face and character, each with individuality and dignity.
In two days, more than 600 calves were bought and sold.
It was like a nightmare to imagine that all these children would be sucked into the human stomach.


動物解放団体 リブ(LIB:Animal Liberator. net〕
Web:https://animal-liberator.net/animal-liberator/
FB:https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/
Tw:https://twitter.com/Anima_Liberator
YouTube: https://www.youtube.com/c/AnimalLiberatorNet
Instagram: https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
動物解放を成遂げる仲間になりませんか。
〔マンスリーサポーター・寄付・会員 募集中〕
https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
〔MonthlySupporter・Donation・Member〕
https://syncable.biz/associate/LIB/donate

60 市原ぞうの国 & サユリワールド(180602/千葉県市原市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

【特徴】

・ゾウへの暴力を振るっている(調教)
・劣悪(形態展示・毛抜け・怪我)

【写真】

Googleフォト

〔サユリワールド〕

〔市原ぞうの国〕

【動画】

YouTube再生リスト

1 調査開始

2 異常行動: テリー 頭をぶつける 体を揺らす

市原ぞうの国の一番奥にある象たちの牢屋の、さらに奥にある「テリー」の牢屋がありました。
一見して酷い常同行動、トランクスイング(鼻を揺らす異常行動)でした。
人間に虐待され、利用しつくされ、名声欲や支配欲や自己顕示欲の犠牲になった、誇り高き象の成れの果てです。

3 異常行動: テリー 頭を揺らす 鼻をぶつける

テリーの立ち方がおかしいように思います。 前足と後ろ足が近くなっています。 いったいどんな”ショー”をさせられてきたのか。 ぞうさんショーでは、小さい台に乗る”ショー”をさせられている象がいました。

4 異常行動:テリーの目

テリーは何を考え、何を想っているのでしょう。 またテリーには私たちがどう見えているのでしょう。 自分を利用し尽くした人間と同類が今、自分の前に立ちカメラで自分を撮影しています。

5 異常行動:金網の向こうのテリー

テリーは死ぬまでこのままなのでしょうか。
やりきれません。

6 異常行動:飼育員が通り柵に頭を打ち付けるテリー

飼育員が来るとよっていき、鉄柵に頭を打ち付けました。
飼育員は、まるでテリーが悪いかのような声をかけています。
どういうつもりなのでしょうか。
飼育員が去ると再び異常行動に陥っていました。

7 暴力:子象を叩く ぞうさんショー

子象も叩いています。
観客の前でも平気で叩くということは、影でどれほどのことをやっているのかと心配になります。
また、まだ小さいのに常同行動と思われる行動も取っていました。
これを見て観客の皆さんは平気なのでしょうか。
喜んで手を叩いていました。

8 ぞうさんショー ダンス

象さんのダンスだそうです。
観客は大喜びでした。

しかし、実際は頭を棒で叩く、あるいは耳を足で持ち上げる指示に従っているだけです。
アナウンスによって「この行動はこう見るべきだ」と教えられて、観客はそのように教育されます。
つまり、アナウンス「これは象のダンスである」→観客「これは象のダンスだ」と。

9 ブルフックの説明 ぞうさんショー

象の使役者たちが手に持っている鉤爪のついた棒は「ブルフック」です。
アナウンスは「ツボを押す」と言っていますが、「急所を突く」と同義です。
また、象さんのお買い物タイムとは、客が象に札の金を渡し、象が鼻で受け取り、象のぬいぐるみを渡すという商売です。

10 ぞうさんショー4 耳の後ろをブルフックで突く

アナウンスが言う「ツボ押し」です。
皮膚が上に上がるくらい突いているのがお分かりになると思います。
象の皮膚は上部ではありません。
少しの傷で化膿になってしまうほど、あるいは足の裏などは、40Km先に落ちた雷や雨がわかるほど繊細です。
象が痛がっているのもお分かりになると思います。

11 ぞうさんショー6 『ぞうさんのお絵かき』は『タイ人のお絵かき』

『象さんのお絵かき』とは、 使役者が、左手で象の耳の裏に指示し、右手で象の鼻を動かしています。
つまり、タイ人が描いているものでした。
売店でも何枚も売っていました。
象のゆめ花とりり香は、すでに常同行動も見られています。
購入すると言うことは、ゆめ花とりり香への虐待に手を貸すことです。

12 ぞうさんショー7 アフリカゾウ

サユリワールド、市原ぞうの国では、アフリカゾウまで使役していました。 人にあまり慣れないアフリカゾウ、タイ人はかなり厳しく当たっていました。 このようなキツい顔をしたアフリカゾウを見たのははじめてです。 とてもかわいそうでした。

13 人間の犠牲 になった子象たち

バックヤード でのゆめ花とりり香。
生まれた瞬間から、私たち人間の奴隷。
奴隷の運命の子どもたちです。
動物消費者たちの、象の”ショー”を楽しみ、象に乗り、象に”ふれあい”たいという欲求のために、象たちは犠牲になっています。
自分の欲求が弱者にどう言う影響を与えているのか、私たちはしっかり考え、倫理的な選択をすべきです。

14 エミュー 自分の足を噛む異常行動

エミューが異常行動していました。
かなりの収容所を見てきましたが、エミューが異常行動をしているのを見たのははじめてでした。

サユリワールドや市原ぞうの国は、他施設と比べてもかなりレベルが低い環境です。

観客や、こういった施設をもちあげるマスメディアの意識の低さは目を覆うものがあります。
日本全体の動物に関する意識は、残念ながら極めて低い。
先進各国と比べガラパゴス化しています。

動物は消費財ではありません。

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 ゾウ》
  Project0 ゾウ 日本のゾウを0に
  YouTube再生リスト ゾウ

  ゾウの心の壊し方(Breaking the spirit of the elephant)
  ブルフックの使い方(The Cruelty of the Bullhook)

  日本のゾウの単独監禁 現在12人
  Elephant in Japan:日本の動物園において単独飼養されているゾウに関する調査報告書


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Z-42 市原ぞうの国 & サユリワールド/Ichihara Elephant Kingdom & Sayuri World】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB1:https://www.facebook.com/zounokuni
FB2:https://www.facebook.com/zounokuni.elpha
FB3 サユリワールド:https://www.facebook.com/SayuriWorld.JAPAN/
Tw:https://twitter.com/elpha_zounokuni
Insta:https://www.instagram.com/ichihara.zounokuni/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCa3D0rNMFGf_sW5ZeeQZEhQ

〔連絡先〕
Mail:http://www.zounokuni.com/contact/
TEL:0439-37-3211
FAX:-
住所:290-0521 千葉県市原市山小川937

〔リンク〕
Web:http://www.zounokuni.com/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%8E%9F%E3%81%9E%E3%81%86%E3%81%AE%E5%9B%BD

〔情報〕
種類:民
所有:(有)市原ぞうの国
運営者:〃
JAZA:〇

〔LIB情報〕
調査日:2018年6月2日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/180602-60-ichihara-elephant
写真:https://photos.app.goo.gl/tiDjHibwRWFPt2Gm2
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCqDEREzYYgTs6U1clCroace

42 東北サファリパーク(180520/福島県二本松市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

【特徴】

・象使いがゾウをドリルで刺している
・すべてのクマが異常行動
・サーキットの爆音が響き渡っている

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

象ライド1 鎖に繋がれる象たち1 常同行動

鎖に繋がれ、前後に動く異常行動に陥っていました。
とてもかわいそうでした。

象ライド2 鎖に繋がれる象たち2 常同行動

鎖に繋がれ、異常行動に陥ってしまっています。 後退するたびに、鎖に触れ、持ち上げ、嫌がっているそぶりを見せます。

象ライド3 象使役者の態度

こちらの写真で彼らが右手に隠し持っている、象の虐待道具が見られます。
https://photos.app.goo.gl/py2WkJ2EAdz88qWi2

爬虫類館1 地獄でした。糞の入った水を飲むカモ

東北サファリパークはあらゆる場所がひどいのですが、中でもすごかったのが爬虫類館です。
文字通りの地獄でした。
臭く、暗く、不潔で、自らの糞にまみれた水をのみ、閉じ込められ、異常行動を行なっていました。
この状態が今まで許されてきたということが信じられません。
誰も声をあげなかったのでしょうか。
日本の動物の娯楽利用産業に監禁されている動物は、地獄の底にいます。

爬虫類館2 爬虫類館 不潔で臭い。地獄の底にいる動物を見させられる場所

動物の地獄でした。 カミツキガメとワニの間の汚いケージにハムスターが入れられていました。 いったいこの後どうなるのでしょう。

エンターテイメントゾーン1 サル使役ショー

一つの行動が終わると、気を付けをして、手を後ろで組み、命令を待ちます。 ここまでするまでにどれだけの目に遭ってきたのでしょうか。 まるで軍隊です。

私たちが動物の”ショー”、つまり使役を見るときに大切なのは、動物たちは自分の行動の意味がわかっていないということです。 人間にとっては、「謝っている」という行動と「頭を下げる」という行動は紐づいています。 しかし、動物にとっては「頭を下に向ける」に過ぎません。 動物を見るのではなく、使役者の行動を見ることです。 行動、あるいは笛など、何らかの命令を与えていることがわかります。 それをストーリーに見せているわけです。

人々は笑って見ていますが、 人間に搾取されている奴隷動物の悲しい姿であると、頭を切り替える必要があります。

エンターテイメントゾーン2 サルおみくじ

使役者の女性が命令を与えているのがお分かりになるのでしょうか。 猿はあなたのためにおみくじを渡しているわけではありません。

エンターテイメントゾーン3 フラミンゴショー

フラミンゴショーというものを初めて見たのですが、延々、人間がフラミンゴを追い回して、逃げ惑う姿を延々見せられました。

最後に飼育員の方々がお辞儀をしていました。

サファリゾーン1 アフリカゾウ サシバエ

すごいハエの量でした。
定かではありませんが、ゾウも他の動物もかなり嫌がっていましたのでサシバエかもしれません。

いずれ、長年の尿や糞が染み込んだ土の上に動物たちは住んでいます。
良い環境のはずがありません。

サファリゾーン2 足を痛めているムフロン 角が折れているムフロン

よく見ると怪我をしている動物、体のどこかを痛めている動物、欠損している動物、通常の形とは違う角になっている動物がいます。
ぜひ、よく観察してみてください。
また、東北サファリパークのお客さんの「動物が車に寄ってくる。ここの動物は飢えさせられているのではないのか」という書き込みを読んでいました。
確かに、サファリゾーンに入るとすぐに動物たちが駆け寄ってきました。
人間はなぜエサやりをやりたがるのでしょう。
何が楽しいのでしょうか。

ケージゾーン1 サーキットの爆音が鳴り響く

東北サファリパークの周りには、同じ会社がやっているサーキット場が囲んでいます。
http://www.ebisu-circuit.com/
谷あいに爆音がこだまし、その環境に動物が収容されています。 動物たちにとっては最悪の環境です。

ケージゾーン2 日本鹿とサーキットの爆音

動物に関する配慮が信じられないほど低い場所でした。
こういった施設が未だにあることが信じられませんでした。

ケージゾーン3 ヨーロッパヒグマ 異常行動

なぜヨーロッパから連れてこられて、こんな目に合わなければいけないのでしょう。 私たちは動物を尊重することを学ぶことが必要だと思います。

ケージゾーン4 ヨーロッパヒグマ 常同行動

ケージゾーン5 クマ舎 改造車がすぐ側を通る1

クマが異常行動している牢屋の横を、改造車が爆音を立てて走っていきます。
改造車でも全く配慮せず、走って行く車もいれば、なるべく静かに(それでも十分うるさいのですが)走って行く車もいました。

ケージゾーン7 ホワイトライオン 異常行動

このようなところですので、ケージにいるライオンやトラは当然のように異常行動を繰り返しています。 かわいそうです。

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 ゾウ》
  Project0 ゾウ 日本のゾウを0に
  YouTube再生リスト ゾウ

  ゾウの心の壊し方(Breaking the spirit of the elephant)
  ブルフックの使い方(The Cruelty of the Bullhook)

  日本のゾウの単独監禁 現在12人
  Elephant in Japan:日本の動物園において単独飼養されているゾウに関する調査報告書


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Z-21 東北サファリパーク/Tohoku Safari Park】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/TohokuSafaripark/
Tw:https://twitter.com/sarugekijo_
Insta:https://www.instagram.com/tohokusafaripark/
YouTube:https://www.youtube.com/user/ts2336

〔連絡先〕
Mail:mail@tohoku-safaripark.co.jp
TEL:0243-24-2336
FAX:0243-24-2433
住所:〒964-0088 福島県二本松市沢松倉1

〔リンク〕
Web:http://www.tohoku-safaripark.co.jp/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

〔情報〕
種類:民
所有:株式会社東北サファリパーク
運営者:〃
JAZA:-

〔LIB情報〕
調査日:2018年5月20日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/180520-42-tohoku-safaripark
写真:https://photos.app.goo.gl/py2WkJ2EAdz88qWi2
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCrf-KjbP2BBz8d0AYipC5n2

76 マクセル 品川アクアパーク(180617/東京都港区)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

【特徴】

・イルカショーが劣悪

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

1 イルカショー

【音について】

イルカショー時の、最大音量は、96.1デシベル。

90デシベル=カラオケ音(店内中央) 犬の鳴き声(直近) 怒鳴り声
100デシベル=電車が通る時のガード下 地下鉄の構内 声楽のプロが歌う声

さらに、音の伝わる速さは、
空気中=秒速340mですが、
水中 =秒速1500mです。
高速の音がプールの狭いコンクリートの空間で乱反射しています。

イルカの聞こえる周波数は=100 Hz〜150 kHz
人間は=20Hz〜20kHz
はるかに聴覚が優れています。

この空間はイルカにとってどのような空間なのでしょう。
自然には無い、最悪の空間であるのは間違い無いでしょう。

《参考》音の世界に生きるイルカ
http://www.jas-audio.or.jp/jas-cms/wp-content/uploads/2015/01/029-036.pdf

【ショーについて】
ショーは1日に7回。
バンドウイルカは交代がありましたが、オキゴンドウ2人とカマイルカ4人は夜まで働かされていました。
しかも、アクアパークは、年中無休。
飼育員やトレーナーでも休日はあるでしょう。
さらに”ショー”の合間にもトレーニングが行われます。
人間で言ったらブラック労働です。

2 オキゴンドウ

3 イルカの檻を閉める

牢屋の檻を閉めています。
イルカの檻は上が抜けていますのでわかりにくいですが、イルカにとっては完全な檻です。
出ることはできません。
※ジャンプして出ることも無いそうです。太地町の生簀に監禁されたイルカも、ジャンプして出ることはありません。

閉める時の、音が監禁施設そのものです。

4 タッチパネル付き水槽

タッチパネル付きの水槽でした。
魚によっては、投影された映像によって落ち着きが無くなっていました。
言葉は悪いですが、人間の都合しか考えていない下劣な水槽です。
水槽に入れられ、映像(おそらく理解できないでしょうが)を投影され、さらに人間が覗き込み、手でベタベタ触ります。
魚にとっては最悪の環境です。

こういった先端技術やデザインと水族館のコラボレーションが流行っています。
学者も技術者もデザイナーも客も、もちろん運営も、意識が極めて低いですね。

5 ウミガメ

監禁されたウミガメが外にでたがっています。
それを見る客の感想は、「かわいい」「大きい」「なにやってんだ?」「こっち向け」がほとんど。
まれに、「かわいそう」「狭いだろうな」といった感想も聞かれます。

6 さかなのいじめ

どこの収容所に行っても必ず見る、魚たちのケンカやいじめ。
この狭い空間で、一生いじめ続けられる魚もいるでしょう。
かわいそうです。

7 さかなのいじめ

しばらく経ってから戻っても、やはり同じような状況でした。
死ぬまでこの状況で監禁されます。
自分だったら、と想像し、考えることが、動物への配慮、権利、そして解放の必要性に気づく第一歩です。

8 イルカショー 客の巻き込み

多くのイルカショーで行っている、客の巻き込み部分。
パターンは同じ。
事前に練習させ、ショーでやらせ、一体感と参加した感を喚起する手法です。

当然ですが、イルカたちは客など見ていません。
会場の人々が言われるまま、本気で学芸会のような振りを行っている姿は滑稽を通り越して悲しくなります。

9 客

ほぼ1日いたのですが、客はひっきりなしでした。
今日1日でどれだけ売り上げたのでしょう。
どこの施設に行ってもですが、
入場料やグッズ販売などに消えていくお金が、野生動物の保護や使役されて傷つきトラウマを抱えた動物たちのサンクチュアリに使われたら、どれほどの動物が救われるのだろうか、と思います。

動物園水族館にお金を払うということは、動物虐待搾取に力を与え、加担しているということです。

10

11 オキゴンドウ調教シーン

オキゴンドウの調教シーンです。
餌箱に入った食べ物で支配し、コントロールします。

なお、イルカトレーナーも使い捨てだそうです。
若いうちしか担当できません。
見栄えが悪くなるから、ということでした。

どこまでも差別的で非倫理的な産業に思われます。

76 マクセル 品川アクアパーク〔資料 施設〕(180617/東京都港区)

https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCruBuKw_CY_xP1G_7jM85mm

180617 76 アクアパーク品川:資料施設1 入口→2メリーゴーランド
180617 76 アクアパーク品川:資料施設2 写真撮影ゾーン→タッチパネルの水槽
180617 76 アクアパーク品川:資料施設3 シャイニングサンストリート→パイレーツ
180617 76 アクアパーク品川:資料施設4 3バー
180617 76 アクアパーク品川:資料施設5 4クラゲ水槽
180617 76 アクアパーク品川:資料施設6 11イルカプール→10フレンドリースクエア
180617 76 アクアパーク品川:資料施設7 2F 5リトルパラダイス→6ワンダーチューブ
180617 76 アクアパーク品川:資料施設8 7ライフミュージアム
180617 76 アクアパーク品川:資料施設9 8アクアジャングル
180617 76 アクアパーク品川:資料施設9 8アクアジャングル
180617 76 アクアパーク品川:資料施設10 9ワイルドストリート

76 マクセル 品川アクアパーク〔資料 ショー〕(180617/東京都港区)

https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCpSM3w9ICATyiq06dKFw042

180617 76 アクアパーク品川:資料ショー1 イルカショー 1回目全編
180617 76 アクアパーク品川:資料ショー2 イルカショー 2回目全編
180617 76 アクアパーク品川:資料ショー3 イルカショー 6回目全編
180617 76 アクアパーク品川:資料ショー4 イルカショー 7回目全編
180617 76 アクアパーク品川:資料ショー7 アシカショー

《Project0 イルカ》
 Project0 イルカ
 YouTube
 イルカ・シャチの異常行動
 イルカ漁ドキュメンタリー 〜イルカはどこから来るのか〜

《参考 魚》
 魚類における恐怖・不安行動とその定量的観
 魚は痛みを感じるか


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【A-34 マクセル アクアパーク品川/Maxell Aqua Park Shinagawa】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/aquaparkshinagawa/
Tw:https://twitter.com/aquapark
Insta:https://www.instagram.com/aquapark_official/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCoRxwTz8apxBYECU8lyk9tw

〔連絡先〕
Mail:-
TEL:03-5421-1111
FAX:-
住所:108-0074 東京都港区高輪4-10

〔リンク〕
Web:http://www.aqua-park.jp/aqua/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%93%81%E5%B7%9D

〔情報〕
種類:民
所有:品川プリンスホテル
運営者:〃
JAZA:◯

〔LIB情報〕
調査日:2018年6月17日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/180617-76-aqua-park
写真:https://photos.app.goo.gl/pktiiSt8i3mccNKR9
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCqZB_iKsgULAizUoum8-UFX