太地町で覚える湾の名前は二つ 畠尻湾/ 森浦湾|動物解放団体リブ

畠尻湾(はたけじりわん)は、イルカを殺し捕獲する湾。「The Cove」の舞台。
森浦湾(もりうらわん)は、イルカを繁殖させる湾。

畠尻湾(The Cove)(Googleマップ)
https://goo.gl/maps/Ac4NtZ45AKQitxcC6

森浦湾
36個の生簀が見えます。イルカの姿も見えます。
常時、繁殖用 販売用の、大量のイルカがストックされています。
https://goo.gl/maps/FzXpLaqcp3ETr1S87


クラウドファンディング実施中
『イルカを解放しよう!〜イルカ漁の調査・取材と、本の執筆〜』

 目標金額 130万円
 支援金額  46万円
 必要金額  84万円

 終了日 7月23日(海の日)
 残日数 25日

ご参加、ご支援はこちらから
https://readyfor.jp/projects/dolphinhunting


森浦湾を仕切り、
①イルカの繁殖・販売
②観光客にイルカとのふれあいなどをさせる
ビジネスが計画されています。
今年中に完成予定。

イルカ産業は、イルカを家畜化することによって、入手できるサイクルを構築しようとしています。

ゆえに、各水族館は生き残りをかけて、
繁殖の研究(大学と協働)
イルカの貸し借り(ブリーディングローン)
人工授精(人間によるレイプ)
を行なっています。

森浦湾は、イルカの繁殖を大規模に行い、世界の水族館のイルカ供給基地となろうとしています。

水族館がある限り、不幸なイルカはいなくなりません。

では、未来のイルカの解放はどう進めるか。

水族館の観客が、イルカに共感し、お金を落とさなければ、
旨味は無くなり、
イルカを捕まえ、繁殖させるコストが合わなくなります。

つまり、
ターゲットは、観客。
目標は、イルカマーケットを淘汰。
手段は、啓発。
https://animal-liberator.net/animal-liberator/leaflet

それをいかに高度化するか。


森浦湾の写真

1 森浦湾の大量の生簀

2 カマイルカとイルカトレーナー

3 イカを持っている。ハナゴンドウの生簀ということ(ハナゴンドウはイカを好む)。

太地町 イルカ猟調査 同行者募集

2020年1月30日(木)~2月3日(月)にかけて、イルカ猟の調査を行います。

日本の”伝統文化”、イルカ猟。しかし、賛成派も反対派も実際に見たことがある人は少ないと思います。
リブでは、昨年に続き今年も太地町を訪れます。
調査に同行される方を募集します。

イルカ猟の調査は、時間や手順が決まっています。
どこの湾の生簀にイルカが捕らえられていて、どこでイルカの遺体が売られているかなど、確認すべき場所も決まっています。
調査に同行される方には、調査のルートや方法など必要な知識を伝授します。



太地町では、それぞれの想いを抱かれるでしょう。とても貴重な経験を得、また、新たな見識を得られるでしょう。

1月30日(木)~2月3日(月)の4泊の日程で参加できる方を優先的に募集しています。
参加ご希望の方は、メッセンジャーかメールにてお知らせください。

以下詳細です。
ご検討いただければ幸いです。

【太地町 イルカ猟調査 同行募集】

〔日時〕

2020年1月30日(木)~2月3日(月)

〔スケジュール〕

※すべての予定はその日の猟の有無等により適宜変更します。

30日(木)
 名古屋集合組→名古屋駅集合、車でピックアップ
31日(金)
 早朝:イルカ猟調査
 夕方:現地集合組→那智勝浦駅でピックアップ1日(土)
1日(土)
 早朝:イルカ猟調査
    太地町見学
 時間不明:現地集合組→太地駅or那智勝浦駅でピックアップ
2日(日)
 早朝:イルカ猟調査
    くじらの博物館見学
 夕方:現地解散組→太地駅or那智勝浦駅へ送迎
3日(月)
 早朝:イルカ猟調査
 名古屋帰宅組→名古屋駅まで同行
 ※名古屋組で2日にご帰宅されたい方がいらっしゃいましたらお申し出ください。

〔募集人数〕

・名古屋集合チーム:残3名
・現地集合チーム(土日のみ):残1名
・ご自分の車で参加される方:何名でも

※名古屋集合チームは、リブの車 ”風と共にJi-Yu-Go” で、私と共に行動します。
※現地集合チームは、リブの理事 りょうさんと行動します。
※ご自分の車で参加される方がいらっしゃいましたらその旨お知らせください。

〔料金〕

食事代・宿泊代・車以外の交通費等:各自
ガソリン代:折半
※宿泊場所は、活動される方々が泊まる旅館になると思います。
 一人部屋4500円、複数人部屋3500円です。
 温泉が付いている旅館です。

〔申込先〕

animal.liberator.net@gmail.com

太地町 イルカが監禁されている生簀マップ