【緊急】情報をあつめています[市原ぞうの国] 

【緊急!拡散希望】

市原ぞうの国

・関係者
・内情に詳しい方
・元従業員
・近隣住民の方

この施設のゾウの扱いについて問題を感じている皆さまからの
情報をお待ちしております。

どんなに小さな情報でも構いません。

ご連絡は、動物解放団体リブ

Eメール:  animal.liberator.net@gmail.com

までお願いいたします。

※通報者様の秘密保持を厳守いたします。
※情報は話し合いの上、慎重に取扱います。

上記の方以外でも、この件に関する情報提供は大変ありがたいです。
何卒よろしくお願いいたします。
シェアもご協力頂ければ幸いです。

NPO法人 動物解放団体リブ 板垣さやか

 Web https://www.animal-liberator.net/animal-liberator

 FB   https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/

 Twi  https://twitter.com/Anima_Liberator

 Instagram   https://www.instagram.com/animal_liberator/?hl=ja

#市原ぞうの国 #ゾウ #動物園 #千葉県 #市原市 #ぞう #千葉 #拡散希望

たらい回しにされて亡くなったアムールトラ「ヒロシ」|動物解放団体リブ

たらい回しにされる動物たち

ヒロシと同じ とくしま動物園で亡くなったミナミ

「アムールトラの「ヒロシ」死ぬ 徳島の動物園に秋田から貸与されたばかり」
https://mainichi.jp/articles/20201225/k00/00m/040/232000c


「動物園水族館は、絶滅危惧種などの種の保全をしているのでは」
という意見があった場合、以下のように答えます。

「ゴリラやゾウ、サイ、ホッキョクグマ等々、これまで輸入した数と、死んだ数、生き残っている数を比較すれば、保全になっていないことは明らか」(他にも様々な答え方があります)
アムールトラに関してもそうです。

ブリーディングローンや動物数の調整のため、動物たちは「ヒロシ」のように日本中をたらい回しにされています。

移送は、動物に多大なストレスを与えます。
これまでも多くの動物が死にました。
例えばイルカは「歩留まり7割」と考えられていました。
10人移送した場合、最初から3人死ぬことを想定しているということです。

動物園水族館は、表の顔と裏の顔が異なる産業。

『動物園水族館閉鎖』を読むと、動水の主張を崩し、動物たちを守ることができます。
ぜひ読んで、動物解放活動を強い活動にしていきましょう。
画像をクリック ↓

とくしま動物園では2018年5月23日にもアムールトラの「ミナミ」が突然死しています。

動物たちのために声を届けてください。

【秋田市大森山動物園】
TEL:018-828-5508
FAX:018-828-5509
Mail:https://www.city.akita.lg.jp/cgi-bin/contacts/G030005
〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/omoriyamazoo/
Tw:https://twitter.com/omoriyama_zoo
Insta:https://www.instagram.com/omoriyamazoo/
YouTube:https://www.youtube.com/playlist?list=PLDgImmR5JpZiZoBnh_rSZfln3tYI9ELDe

【とくしま動物園】
TEL:088-636-3215
FAX:088-636-3218


人工繁殖=レイプ |動物解放団体リブ

【人工繁殖とは、精神ある動物を 薬漬けにし、レイプし、無理やり妊娠させる行為】

さらにイルカの場合は、67%の赤ちゃんが死亡しています(死産含む)。

※2019年までの人工繁殖実績。須磨海浜水族園、鴨川シーワールド、名古屋港水族館、つくみイルカ島、海きらら、OMRC、15例中10人死亡。

水族館や研究者、メディアはイルカの人工繁殖を「種の保存」や絶滅危惧種の救済だと主張します。

しかし、彼らが言う「種の保存」とは、あくまでも「水族館での種の保存」です。

もし 本当の「種の保存」やイルカ保護を考えるならば、日本で行われているイルカ猟に反対すればいいのです。

水族館にとって、イルカは利益存続のための重要な存在です。
多くの水族館は、自然保護を謳う傍ら、太地町の追い込み猟から野生のイルカを購入し、自然のイルカ減少に加担してきました。
しかし JAZA加盟水族館は、追い込み猟からのイルカの購入ができなくなったため、今は打開策として、人工繁殖の研究を盛んに進めています。

人工繁殖は、母体にも相当な負担がかかります。
排卵誘発剤の投与や薬物投与による肉体的・精神的負担、出産のリスクも伴います。

人工繁殖という名の下に、薬漬けにされ、レイプされ、無理やり妊娠させられるイルカや動物たち。

私は 人間とは違う動物というカテゴリーを超え、女性への冒涜とも感じます。

皆さんはどう感じるでしょうか。

動物園や水族館が主張する「種の保存」という言葉にごまかされないでください。
(リブ 板垣さやか)

追記:人工繁殖実績につきまして漏れや追加が有ればご指摘ください。

アドベンチャーワールド 『サイ』(6/12)|動物解放団体リブ

【アドベンチャーワールド (計13回)】
1回  幻想と現実 
2回  ゾウ
3回 
4回  ホッキョクグマ
5回  クマ
6回  サイ
7回  イルカ:イルカショー
8回  イルカ:収容環境
9回  シャチ
10回 パンダ
11回 ワオキツネザル
12回 シカ
13回 動物

巨大動物娯楽施設「アドベンチャーワールド」

サイが怪我をしていました。

よくある反論が「自然界でもあることだ」です。

論点のすり替えで、責任回避です。
また我々は言われるまでもなく、当然知っています。


監禁していること自体が問題であり、監禁下にある以上責任は施設に属し、その中で怪我をしているから、食糞しているから、異常行動を起こしているから問題なのです。


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


レッドリストとクジラ|動物解放団体リブ

レッドリストとは、絶滅の可能性のある動植物のリスト

実はレッドリストは多数あります。

レッドリストと聞くと、多くの人が思い浮かべているのは、

・IUCN(国際自然保護連合)レッドリスト

日本オリジナルのレッドリストがある

主なものは2種類あります。

・環境省レッドリスト(陸の動物)
・水産庁レッドリスト(海の動物)

さらには、都道府県ごとのレッドリスト、学会などが作ったレッドリストがあります。

世界各国やNGOが独自に作ったレッドリストもあり、乱立している状況です。

つまり独自のレッドリストは、地球の利益よりも、国益や省益、産業の利益に沿うように作られている可能性があります。

IUCNと水産庁のレッドリスト比較

では、IUCNと水産庁のレッドリストの違いを見てみましょう。

IUCNレッドリスト(クジラ目のみ)

CR 3種
EN 10種 
VU 7種
NT 6種
LC 34種
DD 29種

水産庁レッドリスト(クジラ目含むすべての海棲生物)

CR 0種
EN 0種 
VU 0種
NT 0種
(LC 0種)
DD 1種

水産庁のレッドリストは信用できるか

IUCNレッドリストには、クジラ目89種類すべて入っています。
中でも、日本が商業捕鯨を行なっているイワシクジラ絶滅危惧種EN
パンダやシーラカンスより、絶滅の危険が高いクジラです。

IUCNレッドリストは、地球を守るために作られたもの。
一方、水産庁レッドリストは、利益を確保し、天下りを確保、管轄する産業に利益を誘導するために作られているように見えます。

行政や産業は、自分たちに都合の良いレッドリストを、自ら作り、客観的な根拠であると主張します。
捕鯨、イルカ漁、マグロ漁、ツキノワグマ猟などの根拠として持ち出すものです。

日本の行政機関、政治家には、地球意識が欠落しているように思います。
国や個人が存続できるのは、地球があるからです。

《参照》
IUCNレッドリスト
https://www.iucnredlist.org/
環境省レッドリスト
https://www.env.go.jp/press/files/jp/110615.pdf
水産庁レッドリスト
https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170321.html