2020年4月経営レポート/April 2020 Settlement Report|動物解放団体リブ

コロナウィルス自粛により、流動経費が減少。
おかげで、収支はプラス7万円で、赤字減。

経営レポートを見た方に、
「普通こういうのって、お金の単位って(千円)なんだけど、円、なんだねー」
と言われて爆笑しました。
って笑っている場合じゃない。

ウェビナー参加費として、リブとして事業収入が初めてありました。

今まで人手不足で中止していた物販ですが、やっていただけ、かつ会計の知識がある方が加わってくださったので近々復活です。
大変ありがたいです。

今後、これらを増やしてきたいと考えています。

動物解放活動の根源は、情熱や気合い、目標や戦略、諦めない強さですが、
社会を変えるには、本気でに勝ちに行くには、厳然たる事実として、ヒト・モノ・カネです。
リブはその両輪を高めて行きます。

毎月どうぶつサポーター、引き続き募集しています。
リブに可能性を感じていただける方、動物の解放を一緒に目指していただける方、ぜひよろしくお願いいたします。

(目黑峯人)


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

本日2020年4月29日 ウェビナー 第五回 水族館閉鎖|動物解放団体リブ

本日は、水族館についてです。
イルカ漁を止めるには、需要、つまり水族館を閉鎖させなければいけません。
(写真は八景島シーパラダイスのコビレゴンドウ)

[内容]
1. 日本の水族館
2. イルカ監禁水族館は関東以西がほとんど
3. 監禁しているのは水族館ばかりではない
4. 下劣系イルカショーTOP5=特に力を入れるべき施設
5. 日本のシャチの監禁のリーダー
6. イルカ漁をやめさせるには、関東以西の活動が鍵
7. 日本の水族館だけを解決してもイルカ漁は止まらない

イルカを心配する方々が真剣に学び、話し合う貴重なイベント。
ご参加いただければ幸いです。

[時間割]
 20:30 ZoomのURL送付
  ※参加申し込みは19:30締切。
  ※メールアドレスへ一括送付します。
 21:00 開始
 21:35 終了
 21:38 ZoomのURL送付
 21:40 質問・歓談
 22:15 終了

[お申込み方法]アンケートに記入し、メールで申し込む
 以下のアンケートにご記入の上、animal.liberator.net@gmail.comにお申込みください。
 ※すでにお申し込みの方は申し込み不要です。
 ___
 【件名】イルカ漁ウェビナー参加希望|氏名
 〔フリガナ〕
 〔生年月日〕
 〔メールアドレス〕
 〔〒〕
 〔住所〕
 〔電話番号〕
 〔領収書〕要/不要
 〔メッセージ・ご質問〕あれば

[参加費]
 1回 500円。
 単発での受講も可能です。
 お支払いは、以下のページの単発寄付からお手続きください。
  https://animal-liberator.net/animal-liberator/support
  ※銀行振込の方は必ず連絡先をご記入ください。

[Zoomの用意]
 事前にZoomをご用意ください。
  スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード
  PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/
 設定によっては、音声が出ない、聞こえないことがあります。
 設定方法は検索するとヒットしますのでご参照下さい。

[開催概要]
日本ではイルカ漁は伝統文化だとされています。
しかしその実態はほとんど知られていません。
・イルカ漁には、イルカトレーナーや水族館関係者が参加している。
・日本の太地町は、世界中の水族館への世界最大のイルカ供給基地である。
水族館やメディアは実態を伝えようとしません。
これまで計3回25日間イルカ漁の現場をモニターし、日本中すべての水族館を調査した、動物解放団体リブの目黒が、イルカ漁の全体像をお伝えします。

[日程]
 終了 4月1日(水) 第一回 イルカの種類と捕獲枠
 終了 4月8日(水) 第二回 太地町と日本と世界
 終了 4月15日(水) 第三回 イルカ漁の手順
 終了 4月22日(水) 第四回 イルカ漁調査の手順
◯4月29日(水) 第五回 水族館閉鎖(¥500)
 5月6日(水) 第六回 イルカ漁からの卒業(〃)

明日 2020年4月12日(日) 10:00〜 オープン ウェビナー|動物解放団体リブ

ウェビナーに参加したいけど、ちゃんと参加できるか不安、知らない人たちの中に入っていくのが不安、こわい人たちなんじゃないか(笑)等々、様々な心配がある方もおられるかもしれません。

そこで、一度、完全オープンのウェビナーを行うことにしました。
Zoomに入るパスをSNS等で公開し、誰でも入ってこれるようにします。
内容は、第一回と同じ、捕獲対象のイルカの種類や、捕鯨4種類の基礎知識、捕獲枠の調べ方など、イルカ活動の基本中の基本をお教えします。
面白いと思います。

先日のウェビナーは13人の方が参加され、その内半分ははじめての方々でした。
中には、スペインのマドリッドから参加された方もいらっしゃいます。
はじめての方もお気軽にご参加ください。

[申込み]
不要

[スケジュール]
8:45 Zoomの招待URLを、SNS・ウェブサイトに公開。
   ※Zoomアプリをダウンロードの上、URLをクリックすれば入室できます。
    方法:https://zoomy.info/manuals/sanka/
  初めての方は早めにアクセスし、音が出ない等の解決を行なってください。
  こちらでアドバイス等をいたします。
10:00 ウェビナー開始
10:50 質問(途中の退室は自由です)
12:00 終了