3月14日(日) 13:00〜 講演会『人と動物のものがたり』@藤沢市|動物解放団体リブ

『人と動物のものがたり〜本当の共存とは何かを考える〜』

今回のお知らせは、神奈川県藤沢市での講演会です。
野犬の保護シェルター、One for rights Kamakuraのワカさんとのコラボイベントです。
https://www.instagram.com/one_for_rights/

犬、ゾウ、イルカなど動物の現状をお伝えすると同時に、未来へのビジョンをみなさまに共有する講演会
充実したイベントにしたいと思います。
ぜひご参加ください。

3月の関東地方 講演会ツアー

述べ6回の講演会を行います。
このうち、みなさまにご参加いただけるのは、

3月14日(日) 神奈川県藤沢市「野犬保護について/アニマリズム」
3月19日(金) 東京都国分寺市「アニマリズム」
3月21日(日) 栃木県那須塩原市 昼の部「イルカ漁」
3月21日(日) 栃木県那須塩原市 夜の部「アニマリズム」

順次ご紹介していきますので、お近くの方はお誘い合わせの上ご参加ください。
私たちの社会を、未来を変えていくビジョンを共有しましょう。

以下イベント詳細です。


イベント概要

〔日時〕

2021年3月14日(日) 13:00〜16:00

〔スケジュール〕

13:00–13:10 挨拶
13:10-14:00 小松和香子(野犬・畜産・環境)
14:00-14:50 目黒峰人(動物利用問題・動物園水族館・ゾウ・イルカ)
14:50-15:20 対談(ヴィーガン・アニマリズム・動物解放)
15:20-15:30 質問
15:30-15:55 ワークショップ
15:55-16:00 最後挨拶
16:00- 懇談会

〔場所〕

湘南クリスタルホテル
Website:https://www.crystal-hotel.jp/
MAP: https://goo.gl/maps/urVuBZnWkZExmdyy9
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢14-1
TEL 0466-28-2111

〔イベント紹介〕

動物解放団体リブ 目黒峰人
One For Rights Kamakura 小松和香子
で、お話しをさせて頂きます。

『人と動物のものがたり〜本当の共存とは何かを考える〜』

人類と動物の歴史を振り返り、現在のそれぞれの活動、動物たちの置かれている現状を伝え、
最後に、新しい物語(未来)について対談をします。
 
愛玩動物とされる、犬猫の保護活動と、
それ以外の動物の活動は、
別々というような感覚が長くあったと思います。
ですが、私たちの活動内容は全く違っていても、
最終的なゴールは同じです。

最終的に人類が目指すべき道、
500年後、1000年後の、人類と動物の新しい在り方、
その目的に着実に進むために、今現在何が必要か、どんな活動が必要か。

人間も含め、すべての生き物が
本当の共存をする未来に向けて、
いま私たちが考えること、やるべきことはなんなのか、
そんなことをみなさんとお話し出来たらと思います。

〔ゲスト紹介〕

小松和香子
保護犬シェルター代表/ドッグトレーニング/ヴィーガン
その子がその子らしく生きれるレスキューが
されない現状など、殺処分ゼロによる歪みを訴え、出生数の大幅な削減を掲げている。
不幸の連鎖を終わらせるためには、丁寧な譲渡と、繁殖予防が不可欠という信念の元、
野犬を家庭犬に近づけるトレーニングと、
獣医師と全国を回り一斉避妊去勢手術をする活動をしている。

目黒峰人
アニマリスト/動物解放活動家/ヴィーガン
MME/政治団体 アニマリズム党代表/NPO法人 動物解放団体リブ代表
地球を壊し、動物を搾取・利用するヒューマニズム(人間至上主義)社会に危機感を抱き、動物解放とアニマリズムに基づく社会の実現を目指す。
講演会、執筆、動物園水族館・イルカ漁・畜産などの現場での調査を行う。

〔料金〕

講演会チケット 1500円
講演会チケット + フリードリンク 2000円

〔お申込み方法〕 

▪️当日会場払い        
▪️Peatix (URL 準備中)

ヒヨコ達を助けることができました+ 定期連絡 + Clubhouse|動物解放団体リブ


和歌山城公園動物園で行われるはずだった『ひよこ釣り』イベントが中止となりました。


悲しいことですが、ヒヨコたちは成長し、いずれどこかのタイミングで殺されてしまうでしょう。

しかし、これはみなさま一人一人の、ヒヨコを助けたいという想い、そして行動が社会を動かした好例です。
社会は確実に変わりつつあります。
そしてその流れは、速く、強くなっています。
動物を守ろうとする人々は増えることはあれど、減ることは決してありません。

これからも一緒に動物達を、助け、守り、解放する活動ができることを、力強く、そして嬉しく思います。
感謝しています。
どうもありがとうございました。

そして
本日夜、2つイベントを行います。


20:00〜 『不定期連絡』


今回の件「ひよこ釣り」中止についての評価とともに、これからの動物解放の未来、動物消費と動物産業の予想を、活動家のみどりさん(@green_veganism)と一緒に語ります
Instagram:https://www.instagram.com/minetomeguro/
Facebook:https://www.facebook.com/mineto.meguro

21:00〜 Clubhouse

A&ANS主催『【ヒューマニズムからアニマリズムへ〜人新世を生きる現代人へ】プレイベント
A&ANSの矢田さんと対談します。
「3月19日zoomで配信するイベントの概要を講師の目黒峰人さんに伺います。海外では多くの有名人がヴィーガンです。日本では、その生き方はまだまだ理解されていないように感じます。人間中心主義では、なぜこれから立ち行かなくなるのか。現在のご活動も伺いながら、お聞きします。」
https://www.joinclubhouse.com/event/xeO9Y0pE

ぜひご参加ください。

馬に関する活動開始 875億円|動物解放団体リブ

【875億円】

日本の競馬で、”たった1レース”で上がった収益の最高額です。

本日から、馬 に関する活動を開始します。

たった1レース、1〜2分で、875億売り上げるビジネスは他になかなかないでしょう。
利益や名誉を求め、様々な人々集まってきます。
馬利用問題は巨大で、莫大なお金が動き、暗部が存在する世界です。

動物園水族館の場合、2年以上かけて情報収集を行い、最短で解決する事業な何かを見定めるまで3年かかっています。
そして現在、イルカ漁の陳情書という実行段階に入っています。

馬に関しての情報収拾も、あえて時間をかけて行います。
『情報収拾→分析→目標→戦略→実行→評価』
サイクルの最初の段階です。
収集した情報は順次共有します。

利益に群がる人間たちの強欲の中心で、なすすべなく、搾取され殺され続けている馬たち。
その馬たちを助けることができるのもまた人間、私たちです。

「ゾウ」「鯨類」「牛」とともに、「馬」もリブの事業の軸の一つとして行っていきます。

ご承知おきくだされば幸いです。


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


明けましておめでとうございます 2021|動物解放団体リブ

明けましておめでとうございます

今年も動物たちに集中し、日本の動物解放をリードしていきます。

皆さんが、動物解放は現実となるという確信を持ち、そしてそれを楽しんでいただけるような活動をしていきたいと思っています。

外に打って出る時が来たと感じています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

アニマリズム党/動物解放団体リブ
目黒峯人

たらい回しにされて亡くなったアムールトラ「ヒロシ」|動物解放団体リブ

たらい回しにされる動物たち

ヒロシと同じ とくしま動物園で亡くなったミナミ

「アムールトラの「ヒロシ」死ぬ 徳島の動物園に秋田から貸与されたばかり」
https://mainichi.jp/articles/20201225/k00/00m/040/232000c


「動物園水族館は、絶滅危惧種などの種の保全をしているのでは」
という意見があった場合、以下のように答えます。

「ゴリラやゾウ、サイ、ホッキョクグマ等々、これまで輸入した数と、死んだ数、生き残っている数を比較すれば、保全になっていないことは明らか」(他にも様々な答え方があります)
アムールトラに関してもそうです。

ブリーディングローンや動物数の調整のため、動物たちは「ヒロシ」のように日本中をたらい回しにされています。

移送は、動物に多大なストレスを与えます。
これまでも多くの動物が死にました。
例えばイルカは「歩留まり7割」と考えられていました。
10人移送した場合、最初から3人死ぬことを想定しているということです。

動物園水族館は、表の顔と裏の顔が異なる産業。

『動物園水族館閉鎖』を読むと、動水の主張を崩し、動物たちを守ることができます。
ぜひ読んで、動物解放活動を強い活動にしていきましょう。
画像をクリック ↓

とくしま動物園では2018年5月23日にもアムールトラの「ミナミ」が突然死しています。

動物たちのために声を届けてください。

【秋田市大森山動物園】
TEL:018-828-5508
FAX:018-828-5509
Mail:https://www.city.akita.lg.jp/cgi-bin/contacts/G030005
〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/omoriyamazoo/
Tw:https://twitter.com/omoriyama_zoo
Insta:https://www.instagram.com/omoriyamazoo/
YouTube:https://www.youtube.com/playlist?list=PLDgImmR5JpZiZoBnh_rSZfln3tYI9ELDe

【とくしま動物園】
TEL:088-636-3215
FAX:088-636-3218