159 海の中道海浜公園_マリンワールド海の中道(181224/福岡県福岡市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

¥【日本国営水族館 悪魔の集会】¥

マリンワールド海の中道、国土交通省が事業主体。
少なくとも6種類20人、大量のイルカを監禁利用しています。
ハンドウイルカ9人
カマイルカ4人
ハナゴンドウ 2人
オキゴンドウ1人
コビレゴンドウ1人
スナメリ3人

日本の水族館の駄目なところを全て集めたような施設。
知性のかけらもないイルカショー。
生きている魚や貝を料理に見立てた展示。
イルカを見ながら、動物の遺体を食べさせるレストラン。
朝から晩までフクロウを展示する猛禽屋。
嘘と誤魔化し、共感のかけらもない掲示物。

悪魔が運営しているような水族館でした。

今回のコロナウィルスで、日本国がどれだけ主権者に冷淡か、わかったと思います。
ことここにおいても、自分たちの利益やポジションに汲々としています。

しかしそれは、日本人がどれだけより弱者に冷淡か、の鏡。

コロナ騒動が終わった後、また弱者を殺し続けるライフスタイルや経済に戻るつもりでしょうか。

私たちには、失敗から学ぶ能力があります。
変えるべきは自分の心、ライフスタイル。

遺体を食べない、着ない、動物に芸をさせて喜ばない、自分たちの健康のために動物を実験に使わない、
弱者を可能な限り、傷つけない、守ろうと決心すること。
ヴィーガンというライフスタイルに踏み出すこと。

ヴィーガンとは、私たち自身、社会、地球を良化する重要な一歩です。


[Aquarium owned by Japan: Demon Rally]

Marine World Uminonakamichi: Owned by Ministry of Land, Infrastructure and Transport
At least 6 types and 20 dolphins are used for confinement.
9 Bottlenose
4 Pacific white-sided
2 Risso’s
1 False Killer Whale
1 Short-Finned Pilot Whale
3 Finless Porpoise

A dolphin show with no intellect.
An exhibition that uses living fish and shellfish as food.
A restaurant where you can eat the remains of animals while watching the dolphins.
Moukin-ya that displays owls from morning till night.
A fraudulent bulletin board with no sympathy.

It was an aquarium operated by the devil.

写真

Googleフォト

動画

YouTube再生リスト

《準備中》




〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)


【A-113 マリンワールド海の中道/Marine World Uminonakamichi】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/MarineWorld.uminonakamichi/
Tw:https://twitter.com/marine_uminaka
Insta:https://www.instagram.com/marineworld.uminaka/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCZXKTcGKoc7gYhBPoxNhoDg

〔連絡先〕
Mail:info@marine-world.co.jp
TEL:092-603-0400
FAX:
住所:811-0321 福岡県福岡市東区大字西戸崎18-28

〔リンク〕
Web:https://marine-world.jp/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E6%B5%B7%E3%81%AE%E4%B8%AD%E9%81%93

〔情報〕
種類:行政
所有:国- 国土交通省
運営者:株式会社海の中道海洋生態科学館
JAZA:◯

〔LIB情報〕
調査日:2018年12月24日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/181224-159-uminaka-marine
写真:https://photos.app.goo.gl/N27akXktaysM2GnaA
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCp4sWU7oZYXKjr28BSTP1sM

明日 2020年4月12日(日) 10:00〜 オープン ウェビナー|動物解放団体リブ

ウェビナーに参加したいけど、ちゃんと参加できるか不安、知らない人たちの中に入っていくのが不安、こわい人たちなんじゃないか(笑)等々、様々な心配がある方もおられるかもしれません。

そこで、一度、完全オープンのウェビナーを行うことにしました。
Zoomに入るパスをSNS等で公開し、誰でも入ってこれるようにします。
内容は、第一回と同じ、捕獲対象のイルカの種類や、捕鯨4種類の基礎知識、捕獲枠の調べ方など、イルカ活動の基本中の基本をお教えします。
面白いと思います。

先日のウェビナーは13人の方が参加され、その内半分ははじめての方々でした。
中には、スペインのマドリッドから参加された方もいらっしゃいます。
はじめての方もお気軽にご参加ください。

[申込み]
不要

[スケジュール]
8:45 Zoomの招待URLを、SNS・ウェブサイトに公開。
   ※Zoomアプリをダウンロードの上、URLをクリックすれば入室できます。
    方法:https://zoomy.info/manuals/sanka/
  初めての方は早めにアクセスし、音が出ない等の解決を行なってください。
  こちらでアドバイス等をいたします。
10:00 ウェビナー開始
10:50 質問(途中の退室は自由です)
12:00 終了

2020年3月経営レポート/March 2020 Settlement Report|動物解放団体リブ

【2020年3月経営レポート】

先月より収入は増えたものの、支出も増加したため、赤字でした。
それに伴って累計赤字も増加しています。
支出の増加は、
車検の、116,215円
一級小型船舶免許取得費の、118,000円
によるものです。
それ以外は緊縮財政です。

毎月どうぶつサポーターキャンペーンでご参加いただいた方々のおかげで、月の固定財源がもう少しで10万円になりそうです。
本当に助かります。
どうもありがとうございます。

引き続き募集していますので、リブに可能性を感じていただける方、動物の解放を一緒に目指していただける方はご参加ください。


[March 2020 Settlement Report]

Despite an increase in income from last month, spending also increased, resulting in a deficit.
Accordingly, the cumulative deficit has also increased.
Spending increases
116,215 yen for vehicle inspection
118,000 yen of first-class small boat license acquisition cost
It is due to.
The rest is austerity.

Thanks to those who participated in the Animal Supporters Campaign every month, the fixed monthly resources are likely to reach 100,000 yen a little more.
Really help.
thank you very much.

We are continuing to ask, so please join us if you can feel the potential of LIB and aim to release animals together.


〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)

背中の皮膚が剥がれていたハニー/Honey with peeled back skin|動物解放団体リブ

【背中の皮膚が剥がれていたハニー】

なぜこんなことになってしまったのでしょう。
日本中に、500人以上のイルカが監禁されています
人間を楽しませるためだけに。

和歌山県太地町で、世界中の水族館にイルカを販売するためのイルカ漁が始められたのは1969年。
それ以降、膨大な数の”ハニー”が捕まり、売られ、死んできました。
たった今も、日本中の水族館には、歳をとり、人目につかない場所で飼い殺され、毎日異常行動を起こし、苦しんでいるイルカたちがいます。

イルカショーは虐待です。
イルカショーのために、イルカたちは家族を殺され、心も体も病気にさせられ、流産や死産を体験させられます。

イルカたちが置かれている現状を伝え、
イルカショーの禁止を、水族館の閉鎖を進めましょう。
イルカ、そして水族館に監禁され、利用され、使い捨てられるすべての動物たちを守るために。
ハニーを忘れない

【イルカを助けるためにあなたにできること】

  1. 水族館に行かない。お金を落とさない。
  2. リーフレットを配り、事実を伝える
    ※イルカ漁と水族館の関係をわかりやすく描いたリーフレットの申込先
    https://animal-liberator.net/animal-liberator/leaflet


ハニー亡くなる1ヶ月前の姿(チャンネル登録を)


[Honey with peeled back skin]

Why did this happen?
More than 500 dolphins are confined throughout Japan.
Just to entertain humans.

A huge number of “honeys” have been caught, sold and died in Taiji.
Aquariums throughout Japan have dolphins that are old and suffering.

Dolphin shows are abusive.
Let’s ban the dolphin show and close the aquarium.

Movie one month before Honey died (subscribe)
https://youtu.be/lZVEZslkCCY


【リブのハニーに関する活動】

ハニーはこうやって連れてこられた:イルカ漁ドキュメンタリー
https://animal-liberator.net/animal-liberator/190225-doiphin-hunting
イルカのハニーの物語
https://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_honey_story
犬吠埼マリンパークへのアクションの経過 まとめ
https://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_compile


〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)

ハニーを忘れない|動物解放団体リブ

おそらくこの映像がハニー最後の姿です。
背中の皮膚は、何か所もめくれあがり、皮膚も口周りも酷い状況に見えます。
ハニーは、この1ヶ月後の3月29日に亡くなりました。

2020年 2月29日に撮影(YouTubeチャンネル登録を/Subscribe)

私たちはこの映像を撮影した後、公開しない決定をしました。
必要最小限の方々のみにハニーの状況を共有、動いていました。
ハニーが亡くなってしまったので、皆様に共有いたします。

私たちは、ハニーを救出し、受け入れるため、サンクチュアリを作ろうとしていました
西日本で、あるすばらしい場所を見つけ、関係者と交渉をはじめていた矢先でした。
また同時に、ドルフィンプロジェクトにお願いし、中国人オーナーとの交渉のパイプを作ろうとしているところでした。
私(目黑)が、一級船舶免許を取った理由も、ハニーを受け入れるときに必要だったためでもあります。

ハニーを忘れない

ハニーの人生は、人類に弄ばれた人生でした。
和歌山県太地町(たいじちょう)のイルカ漁で追い込まれ、
イルカ漁に参加しているイルカトレーナーによって捕獲され、
芸を仕込まれ、水族館に売られました。

イルカがショーをするのは、ショーをしなければ食べ物をもらえないからです。
イルカショー好きの人々は、ハニーのそんな姿を見て楽しみました。
ハニーは、監禁され、子どもを産まされ、その大切な子どもを目の前で失いました。
そして、仲間を次々と目の前で失い、ハニーはすっかりおかしくなってしまいました。

私たちが最初にハニーを見つけたとき、まだハニーは元気で、ふざけて私に水をかけました。
私を見るハニーの目を覚えています。
忘れられません。

なんとかハニーを助けたかった。
ハニーが亡くなった一報を聞いたときは、悲しく、寂しく、「間に合わなかった」「もっと早く進めるべきだった」と様々な想いが交錯しました。

”ハニー”たちは、日本中に500人以上います。
”ハニー”たちとは、監禁されているすべてのイルカたちのことです。

水族館を楽しむ人々は、イルカがどこから連れてこられ、どんな目にあい、そして死んだらどこへ行くのか知りません。

ハニーは、イルカショーを楽しむすべての方々の犠牲者です。
しかしその方々の中には、本当はイルカたちがどんな心を抱えているか知れば、変わってくださる方がいると信じています。

第二第三の”ハニー”を出さないためには、3つの条件が必要です。
・新しいイルカの捕獲を止める(イルカ漁を止める)
・新しいイルカの繁殖を止める
・水族館のイルカの監禁を段階的に止めていく

 ※現在監禁されているイルカのほとんど、また、繁殖で生まれたイルカのすべては自然に返すことはできません。魚を捕る能力や、エコーロケーションなど、自然で生きていく能力が監禁によって退化してしまうからです。捕獲と繁殖を止め、終生お世話すれば、何十年か後にすべてのイルカを解放できます。

私たちと共に、イルカを、そしてすべての動物を守り、そして解放しましょう。

私たちはハニーを忘れません。
ハニーは多くの人の記憶に残るでしょう。

ハニーを忘れない。

【イルカを助けるためにあなたにできること】

  1. 水族館に行かない。お金を落とさない。
  2. リーフレットを配り、事実を伝える
    ※イルカ漁と水族館の関係をわかりやすく描いたリーフレットの申込先
    https://animal-liberator.net/animal-liberator/leaflet

【ハニーに関するリブのこれまでの活動】

イルカのハニーの物語
https://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_honey_story
犬吠埼マリンパークへのアクションの経過 まとめ
https://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_compile
ハニーはこうやって連れてこられた:イルカ漁ドキュメンタリー
https://animal-liberator.net/animal-liberator/190225-doiphin-hunting


〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)