新理事のご挨拶

新理事の顔写真

新理事の顔写真

皆さんいつもおつかれさまです。この度リブの理事になりました、清水碧(みどり)と申します。今後リブの活動を行うにあたって、皆様に自己紹介させていただければと思います。

 

私は、約1年半前にヴィーガンになりました。

ヴィーガンになったきっかけは、ヴィーガンである友達の言葉でした。

「ナチスによるホロコーストは二度と起こしてはならないと皆分かっているはずなのに、今、まさにそれが起きている。」

私は分からないことは聞いたり調べたりして解決するタイプなので、すぐにそれがどういうことかを聞いたところ、ホロコーストは動物たちに対して行われている、とその友達が教えてくれました。

それをきっかけに疑問を一つ一つ調べて解消し、その後ヴィーガンになりました。

 

その後、動物たちの目撃者となるために屠殺場に赴く『お見送り活動』、一対一の丁寧な対話を通してヴィーガニズムを伝える『路上活動』、路上活動を行う活動家たちへのレクチャーなどを行ってきました。

お見送り活動での豚たちの写真
お見送り活動の際に屠殺場の前で見てきた豚たち

 

路上活動の様子
路上活動で屠殺映像を前にしながら通行人と対話している様子

 

路上活動のレクチャーの様子
路上活動の効果的な対話法についての共有会の様子

 

そうして動物解放のための活動をする中で私が感じたのは、このペースでは動物解放は程遠く、これからは今まで以上に戦略的で組織的な活動が必須だということでした。

必要なのは適切な戦略設計と、決めた事をやりきる実行力、の大きく2つだと考えています。

さらに、それは個人ではなくチームで、それもただの個人の集合体としてではなく、1+1が10にも100にもなるような相乗効果を生み出せる組織であれば、持っている資源を最大限に活用した活動ができると考えています。

それが動物解放には必要です。そしてリブでなら実現できると考えています。

 

皆さんと一緒に相乗効果を生み出しながら、結果にこだわって活動していけたらと思っております。ただ、この活動の難しいところは短期的な結果というものを求めすぎると、根本的な解決とずれてしまう部分があるということです。

その辺りも含めて自分がやれることで効果の高いことを、ある意味淡々と行っていけたらと思っています。

そうすることで少しでも動物解放に貢献できたらと思います。

これからどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

動物解放団体リブ 理事

清水碧

動物を守ることは、命を守ること?植物はいいの?

動物を守る活動をするときに「命を守る」「命は大切にしなければならない」などと主張することがあります。

しかし植物は命。納豆菌などの細菌も命です。
ではどう考え、どう答えればいいのでしょう。
それは、「痛み」の有無です。

まず基本として、命(生物、生命体)の定義。
命とは以下の4つの条件を満たしたものです。

1 細胞がある
2 刺激に反応する
3 代謝する
4 複製する

生物はまず、3つのドメインに分類されます。
ドメインとは、簡単に言えばカテゴリーのこと。

生命が誕生したのは、38億年前。
最初に誕生したのが「真性細菌(バクテリア)」
その後24億年前に、「古細菌(アーキア)」と「真核生物(ユーカリア)に分岐しました。

動物解放活動家、ヴィーガン、アニマリストの活動対象は、広大な生物世界のうち 動物界に属する生物のみです。

動物とそれ以外の生物の違いはなんでしょう。
それが「痛み」の有無です。
(* 痛覚の有無が不明な動物も存在するが、動物界に属する動物は予防的に可能な限り配慮する。線引きの判断には個人差がある)

私たちの活動の根拠は、
「命を守る」
ではなく、
「痛みを感じるとわかっている生物に対して、痛みを与えるべきではない」
です。

「動物を守る。なぜならば、命を守るからだ、命は大切なものだからだ 等」
という根拠での、動物を守る活動は、論理的に矛盾しています。
動物を守る人々は、細菌や植物などの命を利用搾取して、生きています。

「動物を守る。なぜならば、痛みを感じるとわかっている生物に対して、痛みを与えるべきではないからだ」
という根拠は矛盾しません。
細菌や植物は痛みを感じているかどうか科学的に証明されておらず、そもそも痛覚が存在しません。
(* 一部「植物が痛みを感じていることは科学的に証明されている」と主張をする人々がいますが、彼らは生物の条件である「2 刺激に反応する」を痛みを感じていると拡大解釈しています)

私たちの活動対象は、人間によって苦痛を与えられている動物であり、苦痛を感じていると証明されていない他ドメイン、他界の生物ではありません。

ゆえに、結論として、
・私たちはすべての生物、命を守ろうとしているのではない。
・苦痛を感じる能力がある生物である動物を、人間が与える苦痛から守ろうとしている。
と考えるとなります。


余談ですが、動物を守ろうとしている人々の最大の根拠は、「かわいそう」でしょう。

かわいそうだから助けたい。
最もシンプルであり、最も強力なモチベーションです。

動物を守る根拠は本当は、かわいそう、だけでいいのですが、
人間余計なもの(知識、常識、当たり前、感謝、宗教観、過剰な食欲、金銭欲など)がいっぱいくっついていますので、
論理的にそれらを壊した上で、その人の心の中に小さくなってしまっている「かわいそう」を見せてあげる必要があります。



【ご支援募集】

リブの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
動物たちの未来を、私たちの未来をつくりましょう。

[毎月どうぶつサポーター(マンスリーサポーター)]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
¥1,000円/month~

[単発寄付]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「今回のみ」を選択


《備考》
3ドメイン説・五界説に基づき記載

Podcast:Fairly.FM出演 まとめ|動物解放団体リブ

Fairy.FM(フェアリー エフエム)とは?

水衛生分野の開発・人道支援ワーカーの高橋いつろーさんがホストを務めるPodcast。
Fairly(フェアリー)は、フェアー(公平)な社会づくりをビジョンに、国際協力、開発協力、社会起業、NPO/NGOなど開発課題や社会課題の解決に取り組む個人や組織の取り組みなどについてお話しします。

Website:https://fairly.fm
Twitter:https://twitter.com/fairly_fm
Podcast:https://podcasts.apple.com/jp/podcast/fairly-fm/id1223827026
サポータープログラム:https://www.patreon.com/fairlyfm

出演履歴

『36 一番辛いのは動物』

 1回:2018年1月20日
 https://fairly.fm/36/
 動物擁護、動物利用、リブの活動等について

『46 基本、うざがられる(笑)』

 2回:2018年3月6日
 https://fairly.fm/46/
 ヴィーガン、経済と倫理などについて

『124 日本一周、動物園水族館調査を終えて』

 3回:2019年7月14日
 https://fairly.fm/124/
 日本一周! 動物園水族館調査について

『234 勇気を出してはじめてみよう:動物解放とヴィーガニズム』

 4回:2021年3月12日
 https://fairly.fm/234/
 学校や路上で動物解放やヴィーガニズムについて活動を展開するリコさんとみどりさんにその活動についてお話を伺いました。
 リコ@___riko.foranimals(instagram)
 みどり@green_veganism(instagram)

『235 法律を変えることが必要:動物を解放する』

 5回:2021年3月17日
 https://fairly.fm/235/
 動物解放活動を実践しているみどりさん、リコさんを招いて動物解放にかかるリブの活動、ヴィーガニズム、アニマリズムなどについて

フロー:イルカ漁→ 漁協→ 食用小売・水族館

イルカ漁でイルカが捕獲されたあと、どのように販売されていくのか、食用イルカと国内水族館用のイルカ、それぞれの経路について説明しています。
以下に掲載した資料をご覧ください。

〔署名〕
イルカの赤ちゃん・子ども・母親たちを守ろう!
〜イルカ追い込み漁で捕獲殺害をしない規定を求めます〜
http://chng.it/z9QhxHWD6k

〔Petition〕
Save baby, young, mother dolphins!
~ We request a provision on capture by drive hunting ~
http://chng.it/6mnLM4qPW6

〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

馬に関する活動開始 875億円|動物解放団体リブ

【875億円】

日本の競馬で、”たった1レース”で上がった収益の最高額です。

本日から、馬 に関する活動を開始します。

たった1レース、1〜2分で、875億売り上げるビジネスは他になかなかないでしょう。
利益や名誉を求め、様々な人々集まってきます。
馬利用問題は巨大で、莫大なお金が動き、暗部が存在する世界です。

動物園水族館の場合、2年以上かけて情報収集を行い、最短で解決する事業な何かを見定めるまで3年かかっています。
そして現在、イルカ漁の陳情書という実行段階に入っています。

馬に関しての情報収拾も、あえて時間をかけて行います。
『情報収拾→分析→目標→戦略→実行→評価』
サイクルの最初の段階です。
収集した情報は順次共有します。

利益に群がる人間たちの強欲の中心で、なすすべなく、搾取され殺され続けている馬たち。
その馬たちを助けることができるのもまた人間、私たちです。

「ゾウ」「鯨類」「牛」とともに、「馬」もリブの事業の軸の一つとして行っていきます。

ご承知おきくだされば幸いです。


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)