英政府が「動物園」でのゾウの飼育を禁止へ。日本はいつ?

日本政府が、ゾウの飼育を禁止するか否かは、私たち活動家にかかっています。
では、私たちがどうなれば、ゾウの飼育を禁止させることができるのでしょう。 

英政府が、国家としてゾウの飼育を禁止

英政府が「動物園」でのゾウの飼育を禁止へ

(TABI LABO, 2021/08/10)


私たちからすれば当然であり、そうなるだろうとわかっていたことですが、日本ではまだ理解できない人もいるでしょう。

近年、ゾウへの共感、尊重が広がっていました。
サーカスでのゾウをはじめとする動物の利用が禁止となり、ついに米リングリングサーカスは閉鎖しました。
さらに動物園自らが、ゾウの飼育は人間には不可能だと認めはじめました
動物園は、サンクチュアリにゾウを送り、動物園自身が二度とゾウの飼育はしないと宣言しています。

イギリスが、国家として、ゾウの飼育を禁止としたことは画期的なことです。
しかもイギリスは、近代動物園(Zoo)が発祥した国です。
日本はイギリスを見習って動物園を作りました。

これはゾウへの知識、科学的な知見の広がり、動物権利意識の広がりの必然的な流れです。
日本でも一部、ゾウの飼育はもうしないと宣言した動物園があることは、日本でもその流れが始まっていることを示しています。

しかし一方、99%以上の日本の動物園が「異常行動」すら観客に伝えていません
動物園の動物の異常行動
動物園水族館は、日本人に教育すべき情報の半分を隠しています。

動物の権利意識が30年遅れと言われる日本
日本でゾウの飼育監禁が禁止となるのは、30年後かもしれません。

しかし、数年前と比べても、ゾウの飼育監禁を始め、動物搾取に異議を唱え、ライフスタイルを変える人々は驚くほど増えました。

では、日本でゾウの飼育を禁止させるには?

京都で行われた動物園水族館シンポジウムで、ブロンクス動物園で働く動物園関係者が、
「日本の動物園のレベルが低いのは、日本の動物活動家が”弱く”、進化圧が働かないため」
と言っていました。

英国の活動家たちは強い。
一般の活動家に加え、弁護士、政治家、官僚、セレブリティなどの活動家もいます。
つまり、私たち日本の活動家 が”強く”なれば、動物園は動物たちの環境を良くせざるを得ず、最終的には監禁を放棄せざるを得なくなる、ということです。

”強く”なるとは、”社会的に強く”なることです。

私たちが巨大な動物産業に対抗でき得る武器は、知恵です。

ほとんどの点、資金、人材、ネットワーク、プロパガンダ、法的庇護すべて負けています。
この流れを、逆にしなければならない。

社会的に強くなるには、動物に関する知識、社会システム、人間、動物産業、そして事業組織財源に関する知識をつけ、最も的確で効果的な活動を行う。
感情と論理を使い分け、融合させ、社会を啓発、説得していく。
これらの総体、これらから創発するのが知恵です。

そのためには多方面の勉強と経験が必要です。
リブではその機会を本や講演会で提供していきます。
また、時が来たらリブの組織的な拡大を推し進めていきます。
社会的に強くなりましょう。


【動物園水族館について勉強できる本『動物園水族館閉鎖』】

動物園水族館が何を見せ、何を隠して来たか。活動の知識基盤、考え方を勉強できます。
http://u0u0.net/bffw


【ご支援募集】

リブの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
動物たちの未来を、私たちの未来をつくりましょう。

[毎月どうぶつサポーター(マンスリーサポーター)]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
¥1,000円/month~

[単発寄付]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「今回のみ」を選択


動物を守ることは、命を守ること?植物はいいの?

動物を守る活動をするときに「命を守る」「命は大切にしなければならない」などと主張することがあります。

しかし植物は命。納豆菌などの細菌も命です。
ではどう考え、どう答えればいいのでしょう。
それは、「痛み」の有無です。

まず基本として、命(生物、生命体)の定義。
命とは以下の4つの条件を満たしたものです。

1 細胞がある
2 刺激に反応する
3 代謝する
4 複製する

生物はまず、3つのドメインに分類されます。
ドメインとは、簡単に言えばカテゴリーのこと。

生命が誕生したのは、38億年前。
最初に誕生したのが「真性細菌(バクテリア)」
その後24億年前に、「古細菌(アーキア)」と「真核生物(ユーカリア)に分岐しました。

動物解放活動家、ヴィーガン、アニマリストの活動対象は、広大な生物世界のうち 動物界に属する生物のみです。

動物とそれ以外の生物の違いはなんでしょう。
それが「痛み」の有無です。
(* 痛覚の有無が不明な動物も存在するが、動物界に属する動物は予防的に可能な限り配慮する。線引きの判断には個人差がある)

私たちの活動の根拠は、
「命を守る」
ではなく、
「痛みを感じるとわかっている生物に対して、痛みを与えるべきではない」
です。

「動物を守る。なぜならば、命を守るからだ、命は大切なものだからだ 等」
という根拠での、動物を守る活動は、論理的に矛盾しています。
動物を守る人々は、細菌や植物などの命を利用搾取して、生きています。

「動物を守る。なぜならば、痛みを感じるとわかっている生物に対して、痛みを与えるべきではないからだ」
という根拠は矛盾しません。
細菌や植物は痛みを感じているかどうか科学的に証明されておらず、そもそも痛覚が存在しません。
(* 一部「植物が痛みを感じていることは科学的に証明されている」と主張をする人々がいますが、彼らは生物の条件である「2 刺激に反応する」を痛みを感じていると拡大解釈しています)

私たちの活動対象は、人間によって苦痛を与えられている動物であり、苦痛を感じていると証明されていない他ドメイン、他界の生物ではありません。

ゆえに、結論として、
・私たちはすべての生物、命を守ろうとしているのではない。
・苦痛を感じる能力がある生物である動物を、人間が与える苦痛から守ろうとしている。
と考えるとなります。


余談ですが、動物を守ろうとしている人々の最大の根拠は、「かわいそう」でしょう。

かわいそうだから助けたい。
最もシンプルであり、最も強力なモチベーションです。

動物を守る根拠は本当は、かわいそう、だけでいいのですが、
人間余計なもの(知識、常識、当たり前、感謝、宗教観、過剰な食欲、金銭欲など)がいっぱいくっついていますので、
論理的にそれらを壊した上で、その人の心の中に小さくなってしまっている「かわいそう」を見せてあげる必要があります。



【ご支援募集】

リブの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
動物たちの未来を、私たちの未来をつくりましょう。

[毎月どうぶつサポーター(マンスリーサポーター)]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
¥1,000円/month~

[単発寄付]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「今回のみ」を選択


《備考》
3ドメイン説・五界説に基づき記載

報告:講演会「動物を解放しよう」

報告:講演会「動物を解放しよう」

去る、7月24日(土)、名古屋市のクリニック徳で講演会にゲスト出演させていただきました。

リブの代表理事 目黒峰人と、

理事の清水碧(みどり)が

講師として、動物解放についての考え方、動物たちが置かれている現状、そして目指すべき未来についてお話しさせていただきました。
https://www.facebook.com/animal.liberator/posts/4341706952539494

今回は少し趣向を変え、
参加者の方に、主体的に動物解放について考えるきっかけとなるワークをやっていただきました。
また、なぜ動物解放を絶対に行わなくてはならないのか、メタフィジクスの視点から語りました。
みなさんそれぞれ何か大切なものを持ち帰っていただけたのなら嬉しく思います。

主催の「しあわせ医療コミュニティ」の皆さん、様々にお手配いただきどうもありがとうございました。
お呼びいただき感謝しております。

今後もリブでは講演会で、動物解放を伝え続けていきます。
講演会、Zoom等での講演会など、お呼びいただけたら嬉しく思います。
講演会のご依頼は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
animal.liberator.net@gmail.com


【ご支援募集】

リブの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
動物たちの未来を、私たちの未来をつくりましょう。

[毎月どうぶつサポーター(マンスリーサポーター)]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択
¥1,000円/month~

[単発寄付]
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「今回のみ」を選択



【電子書籍】
『動物園水族館閉鎖』
http://u0u0.net/bffw
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

英国政府: 動物園でのゾウの飼育・輸入禁止法案をつくる方針

高度な知性、社会性を持つゾウは動物園の飼育下では 精神疾患に苦しむことから、英国政府は「動物園やサファリパークでのゾウの飼育・輸入を禁止」する法案を策定する方針だということです。

すばらしいですね。ぜひ法律となってほしいと思います。

Keeping elephants in zoos or safari parks will be BANNED

Keeping elephants in zoos or safari parks will be BANNED | Daily Mail Online

飼育下のゾウたちは、慢性的な 関節炎などの病気にも悩まされており(コンクリート製の地面などによる)英国動物虐待防止協会によると、動物園のゾウたちは平均して17年しか生きられないといいます。

これは野生下の50年以上と比較して明らかに短い年数です。

英国での動物解放活動、福祉活動は歴史も長く盛んで 1993年にはすでにイルカの飼育を禁止する法律を制定、イルカのいる水族館は閉鎖しています。

一方、日本はどうでしょうか。
日本では現在、50施設で、123頭のゾウが監禁されています。
そして、動物園は今もなおゾウを増やそうと繁殖、輸入に躍起になっています。

動物解放・権利や動物福祉の活動が盛んな欧米とは真逆の方向に進もうとしています。

日本や中国は欧米と比較すると、30年以上遅れているということを認識しなければなりません。

英国の法律を変えたのは市民です。

動物の活動家や動物に寄り添う人々が動物たちを守るために戦い、勝ち取った結果です。

英国のこの法案では 新たなゾウを輸入、繁殖しないことで、すでに監禁されているゾウを徐々に減らしていく計画を打ち出しています。

一方 日本では現在、2施設で新たなゾウを輸入しようとしています。

・福岡市動物園
・静岡市日本平動物園 
です。

動物解放団体リブでは、主に監禁されるゾウたちに特化し、個で活動するプロジェクト「With Elephants ぞうたちとのみらい」を立ち上げます。

ホームページも作成中です。完成後告知します。

With Elephants(WE) の活動では、特に目的を3つにします。

日本の動物園での

・新たなゾウの輸入を止める  ※上記2施設+他(増える可能性)
・繁殖を止める啓発 (これ以上ゾウを増やさない)
・ゾウのショー、ブルフックを止める

先日の市原ぞうの国の痛ましい事件で立ち上げました署名は、1ヶ月で約3万5,000人以上のご賛同をいただきました。

多くの方々のゾウを思う心を、絶対に無駄にはできないと思っております。

英国とはかけ離れた日本、千葉県の行政の対応には落胆しますが、黙っていては何も変わりません。

公表、非公表に係わらず、必ず手は打っていきます。

市原ぞうの国のブルフックによる虐待は日本の人々に知れてきており、容認できないものとマインドが変わってきています。

これは、本当にゾウたちのことを思う皆さんの力により生まれた変化です。

そして、変化は生み出すものとし、前に進みます。

署名は引き続き集め、施設や行政への圧力にしていきたいと思っておりますので、ご賛同とシェアも どうぞよろしくお願いします。

署名 【市原ぞうの国 原因不明ゾウ2頭死亡】緊急です!ゾウたちを守ってください

https://www.change.org/EMG-elephants

English.ver https://www.change.org/save10elephants

今後とも、皆さまのご協力をお願いできれば幸いです。

動物を解放しよう。

動物解放団体リブ/With Elephants   板垣 さやか

#ゾウ #動物 #動物園 #サファリパーク #ゾウ解放 #動物解放 #ゾウ輸入禁止

 #ゾウ繁殖禁止 #ゾウ飼育禁止 #法律制定 #ブルフック #ぞうさんショー #動物の権利 #WithElephants #WE #ぞうたちとのみらい #動物解放団体リブ #市原ぞうの国 #福岡市動物園 #静岡市日本平動物園 #ゾウ監禁施設

#ゾウたちを守ろう 

動物たちを守るために あなたの思いを届けてください。

【ゾウを守るために あなたの思いを届けてください。】

静岡市立日本平動物園
「新しい象舎の建設・ゾウの導入を止めてください」

メールする

● 例文がありますので、参考になさってください。
 コピペでも結構です。

● 各送信先の記載があります。

● 最後にお名前を記入してください。

例文 / 参考

〈例文〉

静岡市によるアジアゾウの輸入中止を求める要望書

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

表題の件、静岡市が絶滅危惧種であるアジアゾウをタイから4頭輸入することを知り、大変衝撃を受けました。ゾウは高度な知性を持ち、生涯にわたり、群れの中で複雑な社会的関係を維持しながら生きる野生動物です。ここ数十年にわたる、展示飼育下にあるゾウに関する多くの研究で、動物園などの展示施設ではゾウの本来のニーズを適切に満たすことができず、ゾウに肉体的、心理的、社会的なストレスを与えること、またこうしたストレスにより多くのゾウが異常行動を取ることなどが明らかになっています。

欧米を中心に、ゾウの飼育を諦める動物園が増えているほか、動物園からゾウを救出し、サンクチュアリ(保護区)への移送を目指す野生動物保護団体の動きも活発になっています。世界中で動物の権利擁護、解放について意識が高まるなか、静岡市によるアジアゾウの輸入は、国内および海外の動物保護団体から厳しい批判の対象になるのではないかと危惧しております。

子供はゾウを見たら喜びます。しかし、動物園でゾウを見て大はしゃぎした子供が大人になって、そのゾウが本来の生息地とは気候も環境も異なる日本で娯楽のために展示施設に閉じ込められたことを知ったら、どのように感じるでしょうか。悲しいし、切ないです。

つきましては、アジアゾウの輸入中止をご英断いただきたく、ここに強く要望いたします。

ご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

〇〇〇〇〇←名前を記入
〇〇〇〇〇←メールアドレス記入(返信が欲しい場合)

 

〈参考〉

・税金27億円を使い、日本平動物園に新たにアジアゾウをタイから4頭輸入し、展示する予定がある。

・ゾウは豊かな知性と感情を持つ。
 展示用の「物」ではない。

・動物園では本来のゾウのニーズを満たすことができない。

・日本にいる多くのゾウたちがストレスを抱え、異常行動を取っていることが明らかとなっている。

・動物園でのゾウの繁殖率は非常に低く、死産や流産、母子ともに死亡するケースもあり、ゾウたちは苦しんできた。

・日本の動物園での種の保存は、ゾウを守る目的ではなく、利益を追求した動物園間の種の保存ではないか。

・狭いスペースにゾウを閉じ込めるべきではないという理由から、欧米を中心にゾウの飼育を諦める動物園が増えている。

・海外では保護団体によるゾウの救出、動物園からサンクチュアリへ移動させる動きも活発になっている。

・動物園でのゾウの飼育は時代錯誤であり、国内外から批判の対象となっている。

・子どもたちは、狭い檻に閉じ込められ、異常行動を起こすゾウを見て何を学ぶのか。

・自然とはかけ離れた環境で、自然の雄大さや、ゾウ本来の生態は表現できない。

・ゾウの輸入中止をご英断いただきたく、要望いたします。

メール送付先

静岡市立日本平動物園

dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp


企画係 Tel: 054-262-3251
FAX:054-262-3489
住所:静岡市駿河区池田1767-6

静岡市長 田辺 信宏(たなべ のぶひろ)

hisyo@city.shizuoka.lg.jp

市政への意見・提案

koe@pref.shizuoka.lg.jp

お問い合わせフォーム

https://www.city.shizuoka.lg.jp/web/cityform/form.php?code=00000278&pid=000003393&pgid=00001820&url=/000_001153.html

簡単メール [e-mailer.link] 

[e-mailer.link] ※ URLをクリック → メール作成をクリック → お名前記入 → 送信  

静岡市長 田辺 信宏様  〈 hisyo@city.shizuoka.lg.jp 〉

https://e-mailer.link/100153829775

静岡市立日本平動物園 竹下秀人園長  〈 dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp

https://e-mailer.link/100153830349

● 静岡県知事 川勝 平太 様  〈 koe@pref.shizuoka.lg.jp

https://e-mailer.link/100154090886

● 静岡市教育委員会  〈 kyouiku@pref.shizuoka.jp 〉

https://e-mailer.link/100154091553