動物たちを守るために あなたの思いを届けてください。

【ゾウを守るために あなたの思いを届けてください。】

静岡市立日本平動物園
「新しい象舎の建設・ゾウの導入を止めてください」

メールする

● 例文がありますので、参考になさってください。
 コピペでも結構です。

● 各送信先の記載があります。

● 最後にお名前を記入してください。

例文 / 参考

〈例文〉

静岡市によるアジアゾウの輸入中止を求める要望書

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

表題の件、静岡市が絶滅危惧種であるアジアゾウをタイから4頭輸入することを知り、大変衝撃を受けました。ゾウは高度な知性を持ち、生涯にわたり、群れの中で複雑な社会的関係を維持しながら生きる野生動物です。ここ数十年にわたる、展示飼育下にあるゾウに関する多くの研究で、動物園などの展示施設ではゾウの本来のニーズを適切に満たすことができず、ゾウに肉体的、心理的、社会的なストレスを与えること、またこうしたストレスにより多くのゾウが異常行動を取ることなどが明らかになっています。

欧米を中心に、ゾウの飼育を諦める動物園が増えているほか、動物園からゾウを救出し、サンクチュアリ(保護区)への移送を目指す野生動物保護団体の動きも活発になっています。世界中で動物の権利擁護、解放について意識が高まるなか、静岡市によるアジアゾウの輸入は、国内および海外の動物保護団体から厳しい批判の対象になるのではないかと危惧しております。

子供はゾウを見たら喜びます。しかし、動物園でゾウを見て大はしゃぎした子供が大人になって、そのゾウが本来の生息地とは気候も環境も異なる日本で娯楽のために展示施設に閉じ込められたことを知ったら、どのように感じるでしょうか。悲しいし、切ないです。

つきましては、アジアゾウの輸入中止をご英断いただきたく、ここに強く要望いたします。

ご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

〇〇〇〇〇←名前を記入
〇〇〇〇〇←メールアドレス記入(返信が欲しい場合)

 

〈参考〉

・税金27億円を使い、日本平動物園に新たにアジアゾウをタイから4頭輸入し、展示する予定がある。

・ゾウは豊かな知性と感情を持つ。
 展示用の「物」ではない。

・動物園では本来のゾウのニーズを満たすことができない。

・日本にいる多くのゾウたちがストレスを抱え、異常行動を取っていることが明らかとなっている。

・動物園でのゾウの繁殖率は非常に低く、死産や流産、母子ともに死亡するケースもあり、ゾウたちは苦しんできた。

・日本の動物園での種の保存は、ゾウを守る目的ではなく、利益を追求した動物園間の種の保存ではないか。

・狭いスペースにゾウを閉じ込めるべきではないという理由から、欧米を中心にゾウの飼育を諦める動物園が増えている。

・海外では保護団体によるゾウの救出、動物園からサンクチュアリへ移動させる動きも活発になっている。

・動物園でのゾウの飼育は時代錯誤であり、国内外から批判の対象となっている。

・子どもたちは、狭い檻に閉じ込められ、異常行動を起こすゾウを見て何を学ぶのか。

・自然とはかけ離れた環境で、自然の雄大さや、ゾウ本来の生態は表現できない。

・ゾウの輸入中止をご英断いただきたく、要望いたします。

メール送付先

静岡市立日本平動物園

dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp


企画係 Tel: 054-262-3251
FAX:054-262-3489
住所:静岡市駿河区池田1767-6

静岡市長 田辺 信宏(たなべ のぶひろ)

hisyo@city.shizuoka.lg.jp

市政への意見・提案

koe@pref.shizuoka.lg.jp

お問い合わせフォーム

https://www.city.shizuoka.lg.jp/web/cityform/form.php?code=00000278&pid=000003393&pgid=00001820&url=/000_001153.html

簡単メール [e-mailer.link] 

[e-mailer.link] ※ URLをクリック → メール作成をクリック → お名前記入 → 送信  

静岡市長 田辺 信宏様  〈 hisyo@city.shizuoka.lg.jp 〉

https://e-mailer.link/100153829775

静岡市立日本平動物園 竹下秀人園長  〈 dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp

https://e-mailer.link/100153830349

● 静岡県知事 川勝 平太 様  〈 koe@pref.shizuoka.lg.jp

https://e-mailer.link/100154090886

● 静岡市教育委員会  〈 kyouiku@pref.shizuoka.jp 〉

https://e-mailer.link/100154091553

Podcast:Fairly.FM出演 まとめ|動物解放団体リブ

Fairy.FM(フェアリー エフエム)とは?

水衛生分野の開発・人道支援ワーカーの高橋いつろーさんがホストを務めるPodcast。
Fairly(フェアリー)は、フェアー(公平)な社会づくりをビジョンに、国際協力、開発協力、社会起業、NPO/NGOなど開発課題や社会課題の解決に取り組む個人や組織の取り組みなどについてお話しします。

Website:https://fairly.fm
Twitter:https://twitter.com/fairly_fm
Podcast:https://podcasts.apple.com/jp/podcast/fairly-fm/id1223827026
サポータープログラム:https://www.patreon.com/fairlyfm

出演履歴

『36 一番辛いのは動物』

 1回:2018年1月20日
 https://fairly.fm/36/
 動物擁護、動物利用、リブの活動等について

『46 基本、うざがられる(笑)』

 2回:2018年3月6日
 https://fairly.fm/46/
 ヴィーガン、経済と倫理などについて

『124 日本一周、動物園水族館調査を終えて』

 3回:2019年7月14日
 https://fairly.fm/124/
 日本一周! 動物園水族館調査について

『234 勇気を出してはじめてみよう:動物解放とヴィーガニズム』

 4回:2021年3月12日
 https://fairly.fm/234/
 学校や路上で動物解放やヴィーガニズムについて活動を展開するリコさんとみどりさんにその活動についてお話を伺いました。
 リコ@___riko.foranimals(instagram)
 みどり@green_veganism(instagram)

『235 法律を変えることが必要:動物を解放する』

 5回:2021年3月17日
 https://fairly.fm/235/
 動物解放活動を実践しているみどりさん、リコさんを招いて動物解放にかかるリブの活動、ヴィーガニズム、アニマリズムなどについて

フロー:イルカ漁→ 漁協→ 食用小売・水族館

イルカ漁でイルカが捕獲されたあと、どのように販売されていくのか、食用イルカと国内水族館用のイルカ、それぞれの経路について説明しています。
以下に掲載した資料をご覧ください。

〔署名〕
イルカの赤ちゃん・子ども・母親たちを守ろう!
〜イルカ追い込み漁で捕獲殺害をしない規定を求めます〜
http://chng.it/z9QhxHWD6k

〔Petition〕
Save baby, young, mother dolphins!
~ We request a provision on capture by drive hunting ~
http://chng.it/6mnLM4qPW6

〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)

馬に関する活動開始 875億円|動物解放団体リブ

【875億円】

日本の競馬で、”たった1レース”で上がった収益の最高額です。

本日から、馬 に関する活動を開始します。

たった1レース、1〜2分で、875億売り上げるビジネスは他になかなかないでしょう。
利益や名誉を求め、様々な人々集まってきます。
馬利用問題は巨大で、莫大なお金が動き、暗部が存在する世界です。

動物園水族館の場合、2年以上かけて情報収集を行い、最短で解決する事業な何かを見定めるまで3年かかっています。
そして現在、イルカ漁の陳情書という実行段階に入っています。

馬に関しての情報収拾も、あえて時間をかけて行います。
『情報収拾→分析→目標→戦略→実行→評価』
サイクルの最初の段階です。
収集した情報は順次共有します。

利益に群がる人間たちの強欲の中心で、なすすべなく、搾取され殺され続けている馬たち。
その馬たちを助けることができるのもまた人間、私たちです。

「ゾウ」「鯨類」「牛」とともに、「馬」もリブの事業の軸の一つとして行っていきます。

ご承知おきくだされば幸いです。


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


明けましておめでとうございます 2021|動物解放団体リブ

明けましておめでとうございます

今年も動物たちに集中し、日本の動物解放をリードしていきます。

皆さんが、動物解放は現実となるという確信を持ち、そしてそれを楽しんでいただけるような活動をしていきたいと思っています。

外に打って出る時が来たと感じています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

アニマリズム党/動物解放団体リブ
目黒峯人