ハニーを忘れない|動物解放団体リブ

おそらくこの映像がハニー最後の姿です。
背中の皮膚は、何か所もめくれあがり、皮膚も口周りも酷い状況に見えます。
ハニーは、この1ヶ月後の3月29日に亡くなりました。

2020年 2月29日に撮影(YouTubeチャンネル登録を/Subscribe)

私たちはこの映像を撮影した後、公開しない決定をしました。
必要最小限の方々のみにハニーの状況を共有、動いていました。
ハニーが亡くなってしまったので、皆様に共有いたします。

私たちは、ハニーを救出し、受け入れるため、サンクチュアリを作ろうとしていました
西日本で、あるすばらしい場所を見つけ、関係者と交渉をはじめていた矢先でした。
また同時に、ドルフィンプロジェクトにお願いし、中国人オーナーとの交渉のパイプを作ろうとしているところでした。
私(目黑)が、一級船舶免許を取った理由も、ハニーを受け入れるときに必要だったためでもあります。

ハニーを忘れない

ハニーの人生は、人類に弄ばれた人生でした。
和歌山県太地町(たいじちょう)のイルカ漁で追い込まれ、
イルカ漁に参加しているイルカトレーナーによって捕獲され、
芸を仕込まれ、水族館に売られました。

イルカがショーをするのは、ショーをしなければ食べ物をもらえないからです。
イルカショー好きの人々は、ハニーのそんな姿を見て楽しみました。
ハニーは、監禁され、子どもを産まされ、その大切な子どもを目の前で失いました。
そして、仲間を次々と目の前で失い、ハニーはすっかりおかしくなってしまいました。

私たちが最初にハニーを見つけたとき、まだハニーは元気で、ふざけて私に水をかけました。
私を見るハニーの目を覚えています。
忘れられません。

なんとかハニーを助けたかった。
ハニーが亡くなった一報を聞いたときは、悲しく、寂しく、「間に合わなかった」「もっと早く進めるべきだった」と様々な想いが交錯しました。

”ハニー”たちは、日本中に500人以上います。
”ハニー”たちとは、監禁されているすべてのイルカたちのことです。

水族館を楽しむ人々は、イルカがどこから連れてこられ、どんな目にあい、そして死んだらどこへ行くのか知りません。

ハニーは、イルカショーを楽しむすべての方々の犠牲者です。
しかしその方々の中には、本当はイルカたちがどんな心を抱えているか知れば、変わってくださる方がいると信じています。

第二第三の”ハニー”を出さないためには、3つの条件が必要です。
・新しいイルカの捕獲を止める(イルカ漁を止める)
・新しいイルカの繁殖を止める
・水族館のイルカの監禁を段階的に止めていく

 ※現在監禁されているイルカのほとんど、また、繁殖で生まれたイルカのすべては自然に返すことはできません。魚を捕る能力や、エコーロケーションなど、自然で生きていく能力が監禁によって退化してしまうからです。捕獲と繁殖を止め、終生お世話すれば、何十年か後にすべてのイルカを解放できます。

私たちと共に、イルカを、そしてすべての動物を守り、そして解放しましょう。

私たちはハニーを忘れません。
ハニーは多くの人の記憶に残るでしょう。

ハニーを忘れない。

【イルカを助けるためにあなたにできること】

  1. 水族館に行かない。お金を落とさない。
  2. リーフレットを配り、事実を伝える
    ※イルカ漁と水族館の関係をわかりやすく描いたリーフレットの申込先
    https://animal-liberator.net/animal-liberator/leaflet

【ハニーに関するリブのこれまでの活動】

イルカのハニーの物語
https://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_honey_story
犬吠埼マリンパークへのアクションの経過 まとめ
https://animal-liberator.net/animal-liberator/inubozaki_compile
ハニーはこうやって連れてこられた:イルカ漁ドキュメンタリー
https://animal-liberator.net/animal-liberator/190225-doiphin-hunting


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)