水牛について|Project0 ウシ

水牛と牛は同じウシ科の動物ですが、水牛はアジアスイギュウ属であり、牛はウシ属です。

日本での水牛の利用度は、他国に比べて低い状況です。
その理由は、家畜産業者が水牛を利用したビジネスに参入できる仕組みが整備されていないからだと考えられます。
農林水産省が管轄すると畜場では、水牛の屠殺を受け入れていません。
水牛は、野生の鹿や猪と同じ様にいわゆるジビエとして扱われますので、肉用牛として量産できません。
同じウシ科ではありますが、属が異なるからです。

また、ホルスタインと比較して約5分の1の搾乳量なので、乳用牛としても量産向きではありません。
なので、水牛由来のチーズや肉は高価格になります。

因みにインドでは、いわゆる廃用の水牛は、屠殺場へ移送されます。
一方で、廃用牛の多くは、は全国に散在する、キャトルキャンプ(保養所)で余生を過ごす様です。
ほとんどの州が牛の屠畜を禁じているからです。
これは、ヒンズー教の影響が大きいと思われます。
また、ネパールでも牛は大事に扱われますが、水牛は使役や食用にされます。
つまり、宗教も人間至上主義であり、ヒューマニズムに過ぎないという事です。

ヒューマニズムの対象を、同じ地球に棲む動物にまで、拡大した概念がアニマリズムです。
そして、わたし達はたまたま人間に生まれただけ。
水牛や他の動物たちの自由や尊厳を奪う権利があるのでしょうか。


(宮田 龍治)

  • MAPには、使役用水牛業者は入っていません。

【毎月どうぶつサポーター募集】
¥1,000円/month〜
リブの活動はご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来を、私たちの未来を変えましょう。
https://syncable.biz/associate/LIB/donate
②「毎月」を選択(1,000円〜)



【電子書籍 『動物園水族館閉鎖』】
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。
→ 購入はプロフ欄のリンクから。

生きている証 #1563189690|ウシ

人気のアイスクリーム

1563189690

#1563189690
#生きている証
#ヴィーガンになろう

1563189690のプロフィール

・2017.09.23  東京 生まれ
・女の子
・ホルスタイン

この子について

東京都。
近くに人気のアイスクリーム店があり、
夏の暑い日には、人の列ができ、地域ではおいしいと評判の人気店です。

店の前の坂を登ると住宅が並んでおり、
その一角に小さな牛舎が存在します。

年中サシバエがいて、特に暑くなると、暑さと悪臭とサシバエの酷さで 
その場にいるのは 数分でもきついです。

そんな中、ロープに繋がれ、並べられた牛たちは 身動きは取れず、立ったりすわったりを
強制的にコントロールされていました。

人気のアイスクリーム店が’売り’にしているのは、
ここの牛たちの「 新鮮な搾りたての牛乳 」から作った
濃厚な アイスクリーム。

母乳を搾られるために、強制的に立たされたり座らされたり、を繰り返しているのです。

彼らの一生のほとんどは、この動作で占められているでしょう。

写真の赤ちゃん牛は、母親から引き離され、
別の場所に繋がれていました。

所有者らしき方に聞くと、
赤ちゃんはもうすぐ別の牛舎に移動させられるとのことでした。

近くにいる母親のお乳をもらえない赤ちゃんは、糞尿にまみれ、
ただそこに繋がれていました。

搾りたてのお乳は、行列のできる人気店のアイスクリームになるからです

1563189690

#1251523065
#生きていた証
ヴィーガンになろう

1563189690のプロフィール

1563189690 のお母さん

・2009.02.20 東京都 生まれ
・2009.10 北海道へ
・2011.2.   また東京へ
・2018.10.16  神奈川食肉センターへ
・同日 屠殺

生きている証 生きていた証|Project0 ウシ

生きている証 生きていた証

今年は丑年。
牛たちを守るため、人々に牛たちへの共感を持ってもらう企画を立ち上げます。

地球に生まれ、殺される牛たち。
名前も、自由も無いまま。
牛たちが地球に生きた証を、写真に収め、インターネット空間に牛たちを残していきます。
将来的にはイベントを行うことも想定しています。

方法は簡単です。
みなさんにも参加していただける企画です。
以下。

〔名称〕

生きている証 生きていた証

〔目的〕

地球に生まれ、殺される牛たち。
名前も、自由も無いまま。
牛たちが地球に生きた証を、写真に収め、インターネット空間に牛たちを残し、私たちのハードディスクに保存していく。
将来的には画像を一堂に集め、展示することも考える。

〔手順〕

Instagram

Facebook

Twitter