イルカ漁 捕獲対象イルカ11種|動物解放団体リブ

イルカ漁の種類

イルカ漁は2種類
イルカ追い込み漁(捕獲対象 9種)
イルカ突き棒漁(捕獲対象 11種(イルカ追い込み漁対象9種+2種))

イルカ追い込み漁 捕獲対象イルカ9種

イルカ系がある)が5種(左)
ゴンドウ系(頭が丸い)が9種(右)

イルカ系

◯生体販売(水族館)
✖️遺体販売(食肉):11種類中 唯一食べられないイルカ

◯生体販売(水族館):監禁し難い。四国水族館が監禁している。
◯遺体販売(食肉)

✖️生体販売(水族館):くじらの博物館が監禁研究を行なっている
◯遺体販売(食肉):人間は腹肉を好んで食べる。1人の遺体が4000〜5000円で販売される。

✖️生体販売(水族館):くじらの博物館が監禁研究を行なっている
?遺体販売(食肉):不明。殺したことはある

◯生体販売(水族館):最も売れる種
◯遺体販売(食肉):地域によって異なる

ゴンドウ系

✖️生体販売(水族館):くじらの博物館が監禁研究を行なっている
◯遺体販売(食肉)

◯生体販売(水族館)
◯遺体販売(食肉)

◯生体販売(水族館)
◯遺体販売(食肉)

※2014年から捕獲が無い。マグロを好むため、マグロ漁師が大量に殺したという話も。

◯生体販売(水族館)
◯遺体販売(食肉):最も人間に好まれる。大きいものは1人80万円で販売。

イルカ突き棒漁 捕獲対象イルカ +2種

ネズミイルカ系

✖️生体販売(水族館)
◯遺体販売(食肉)

✖️生体販売(水族館)
◯遺体販売(食肉)