AZA ブルフックの使用禁止へ JAZAへ公開質問状|Project0 ゾウ

AZA ブルフックの使用禁止へ


AZA:アメリカ動物園水族館協会(日本のJAZA:日本動物園水族館協会に当たる)は、
2023年1月1日までにすべてのゾウ 飼育施設でのブルフック の使用を禁止します。
https://www.peta.org/blog/aza-bullhook-ban-progress-captive-elephants/

JAZAに見解を問います。
またWAZA:世界動物園水族館協会に加盟団体にブルフックの使用を禁止させることを求めていきます。

JAZAへの公開質問状

(2020年1月8日送付)

__

ご担当者様

NPO法人 動物解放団体リブの目黒峰人と申します。
動物の自由と尊厳を尊重し、解放を目指す団体です。
https://animal-liberator.net/animal-liberator/

下記の件に関してご回答いただきたくご連絡させていただいております。

アメリカ動物園水族館協会は、段階的にブルフックの使用を禁止し、2023年1月1日までにすべてのゾウ飼育施設でのブルフックの使用を禁止します。

そこで日本動物園水族館協会としてのご見解をお伺いします。
 1 今後JAZA加盟館において、ブルフックの使用を禁止する意図はありますでしょうか。
 2 もし禁止する意図がある場合、どのような進行で行いますでしょうか。
 3 いつまでに行いますでしょうか。
 4 もし禁止する意図ない場合、その根拠をご回答ください。

以上です。

この質問は公開質問状とし、質問、ご回答ともに公開させていただきます。
また誠に勝手ながら回答期限は、2021年1月15日(金)とさせていただきます。

お忙しいところ大変恐縮です。
どうぞよろしくお願いいたします。

動物解放団体リブ
目黒峰人


【署名にご協力を】
『一刻も早く、ゾウたちに「ブルフック」や「ドリル」を使うのを止めてください』
http://chng.it/dnyTDfV6CR

[Petition]
『Stop using “Bullhook” and “Drill” on elephants as soon as possible.』
http://chng.it/fB9Nq8zGDh


ナナが亡くなりました〔おびひろ動物園〕|Project0 ゾウ

ツイッターにはナナへの感謝の言葉が連なっています。
動物を搾取しておいて、感謝を伝えるのは日本の悪しき文化。
言うべきは、「ありがとう」ではなく、「ごめんなさい」です。

何十年もたった一人で監禁されていたナナ。
ナナは常同行動を繰り返していました。
今でも目に浮かびます。


不幸なゾウを一人でも減らし、
感謝して疑問に思っていない人々に気づきを与えるために、
おびひろ動物園ツイッターに声を届けてください。
https://twitter.com/obihirozoo
一人でも多くの声が、動物を救います。