動物利用問題|LIB〈リブ〉:Animal Liberator. net

 

動物利用問題の全体像を知る人はほとんどいません。
”部屋の中の象” がいます。

人類の動物利用は巨大なものです。
毎年、陸生生物だけで700億もの動物が利用されています。

動物利用問題は二つの系に分かれます。
一つは、『動物への搾取』
一つは、『人類への影響』
です。

『動物への搾取』は5つの系に分かれます。
食・衣・娯楽・実験・野生。
『動物への搾取』は、凄惨さを極めています。

我々は、動物に行なっている現実を知る必要があります。
《参照》映画『アースリングス』(動物利用を描いたドキュメンタリー)
  https://www.youtube.com/watch?v=thFyxG5_V4c&feature=youtu.be

 

そして、膨大な数の動物を人工的に作り出し、
その全てを殺すことによって生み出される『人類への影響』
『人類への影響』も5つの系に分かれます。
健康・社会・倫理・化学・環境。
それは環境に影響を与え、人類自身に返って来ています。

 

 

動物利用製品を供給している産業は、『動物利用産業』(Animal Enterprise)と呼ばれます。
『動物利用産業』は、『動物への搾取』の図と対応しており、
食・衣・娯楽・実験・野生。
の5つの系に分けられます。
動物利用産業は、巨大な市場を形成し、投資が行われ、仕事を創出します。
動物を搾取する産業は、現代社会において無くてはならないとされる産業です。

 

そして『動物利用産業』が生み出した動物製品を消費する巨大な市場があり、『動物消費者』が動物を消費します。
『動物消費者』の消費は5つの系に分けられます。
食・衣・娯楽・実験・野生。
『動物の搾取』『動物利用産業』と同じ系です。

 

『動物利用トライアングル』
『動物消費者』が消費を求め、

『動物利用産業』が供給し、
『動物利用問題』が引き起こされています。
そのトライアングルの足下で、膨大な数の動物たちが利用・搾取・殺害されています。
動物たちの現状は『動物利用産業』によって隠され、『動物消費者』は、『動物利用問題』に気が付くことがありませんでした。

 

 

しかし今、インターネットの発達により、その状況は変わりました。
動物利用の現状を知り、自らのライフスタイルを変え、消費行動を変えることによって『動物利用トライアングル』から脱却した人々がいます。
それが『VEGAN(ヴィーガン)』です。『VEGAN』とは、巨大な『動物利用トライアングル』から、
たった一人で脱却することができるライフスタイルであり、
たった一人でできる最も効果的な”活動”です。

VEGANの到達点は、動物の解放です。
Veganismを完全菜食主義と呼ぶのは、そのライフスタイルの一旦を表しているにすぎません。

Veganismの本義は、『動物解放主義』であり、
VEGANとは『動物解放者』と言えます。

 

《参考》
 VEGANとは
http://animal-liberator.net/animal-liberation-lab/vegan/