アドベンチャーワールド 『クマ』(5/12)|動物解放団体リブ

この写真のように施設は見せたい、客は見たい。

現実は以下。
異常行動を起こし、同じ場所を何度も、行ったり来たりしている姿です。

クマは異常行動を起こしやすい動物

日本中に監禁されたクマたちのすべてと言っていいほど、
体を揺らす同じ場所を行ったり来たりする首をぐりんと回す、といった異常行動、常同行動に陥ています。
ツキノワグマ、ヒグマ、マレーグマ、アメリカクロクマ、ホッキョクグマ、どの種のクマも狭い檻の中で、異常な状態になっていました。

アドベンチャーワールドのクマに与えられたスペースは比較的広く、ちょっと見るとのんびり散歩しているように見えます。
しかし、少し時間をとって観察すると、クマはその広いスペースを使って、長い距離を行ったり来たり、常同行動に陥っていることがわかります。
監禁すること自体が、動物を苦しめているという証拠です。

監禁された動物の異常行動リスト

生態環境展示が流行っていますが、広ければ監禁して良い・生態に近ければ監禁して良い、という発想自体が、人間中心主義で、動物を見下げており、尊厳と権利を無視しています。

動物を解放しよう。
すべての動物に自由を。


〔ご支援/Donation〕 

 リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
 一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

毎月どうぶつサポーター
Donation
 ① URLをクリック
 ②「毎月」を選択
 ③ 支援金額を選択(¥1,000~)
 ④ 次へ
 ⑤ 必要情報を入力


【アドベンチャーワールド (計13回)】
 1回  幻想と現実
 2回  ゾウ
 3回 
 4回  ホッキョクグマ
 5回  クマ
 6回  サイ
 7回  イルカ:イルカショー
 8回  イルカ:収容環境
 9回  シャチ
 10回 パンダ
 11回 ワオキツネザル
 12回 シカ
  13回 動物