レッドリスト1 レッドリストはたくさんある|動物解放団体リブ

レッドリストとは、絶滅しそうな動植物のリスト

レッドリストは一つしかないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実は数多くあるのです。

レッドリストと聞くと、無意識に思い浮かべているのは、
IUCN(国際自然保護連合)レッドリスト。

IUCNレッドリスト が世界標準

日本オリジナルのレッドリスト

主なものは2種類。

・環境省レッドリスト(陸の動物)
水産庁レッドリスト(海の動物)

さらには、都道府県ごとのレッドリスト、学会などが作ったレッドリストがあります。

世界各国やNGOが独自に作ったレッドリストもあり、乱立している状況です。

つまりオリジナルのレッドリストは、地球の利益よりも、国益や省益、産業の利益に沿うように作られることがある、ということです。

水産庁と環境省のレッドリスト

行政や産業は、自分たちに都合の良いレッドリストを、自ら作り、客観的な根拠であると主張します。
マグロ漁、捕鯨、イルカ猟、ツキノワグマ猟などの根拠として持ち出すものです。

当然、世界には通用しませんし、呆れられていますが、主権者である私たちを丸め込むには十分です。
注意しなければなりません。

活動的には少なくともIUCNのレッドリストを参照し、
行政や産業、そして意思決定者である主権者にもIUCN基準を求めましょう。

日本の行政機関、政治家には、私たちは地球人であるという意識が欠落しているように思います。
”我が国”が存続することができるのは、まず地球があるからです。

関連投稿


《参照》
IUCNレッドリスト
https://www.iucnredlist.org/
環境省レッドリスト
https://www.env.go.jp/press/files/jp/110615.pdf
水産庁レッドリスト
https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170321.html