戦略: 動物産業 市場の縮小

例えば、一つの動物産業業者を閉鎖させたとします。
閉鎖には、人・時間・資金など、多大なリソースが必要です。
動物解放を進める団体や個人は、現在の日本では極めて少数です。
これまで閉鎖を求める活動も行われていますが、リソース対効果は低いと観察されます。

しかしながら、それだけのリソースをかけて業者が一つ無くなったところで、その業種の市場はそのまま残っています。人は
その余剰分の利益を取りに、ほかの業者が参入し、結果として市場規模は元に戻ります。

上記の状況を勘案すると、動物解放における最も有効な戦略は、
動物産業市場の縮小です。

手順は
動物産業以外に、動物産業の実態を伝える
・実態を可視化することで生まれるネガティブイメージにより動物消費を減らし
・既存動物産業の旨味を減らし
・新規参入を防ぎ
・市場を縮小し
・新たに生まされる動物数を順次縮小
・未来の動物解放を行う

となります。

つまりターゲットは、動物産業ではなく、動物消費者です。
遠回りのように見えますが、これが最も早いルートだと考えられます。

説得材料は様々であり、ターゲットにフィットした材料と方法で行うことが効率を高めます。
・倫理
・気候変動
・健康
・形而上学的理由
・ファッション
・等

※注
上記材料の内、倫理以外はヒューマニスティックでエゴイスティックな動機です。
気候変動・健康・形而上学的理由が満たされたら、あるいは別な根拠が示されたら、再び動物搾取に戻る可能性があります。
ほか3つの理由でハードルを下げたあと、倫理という利他的、アニマリズム的な動機にシフトさせる必要があります。