静岡市日本平動物園 27億円で新たな象舎を建設/新たなゾウの輸入・繁殖計画

静岡市立日本平動物園が27億円もの税金をかけて、新たなゾウ舎を建設し、タイから4人のゾウを連れてきて、 繁殖させようとしています。

(今後 最短で進んだ場合、22年度に実施計画、23年度に基本設計、24年度に実施設計、25、26年度で建設)

現在収容されている二人のゾウが高齢で亡くなる事を想定しての準備だそうです。

https://www.at-s.com/dogas/details.html?article_id=822226

ダンボ (女性 1966年生まれ(推定) 54歳
シャンティ (女性 1969年生まれ)  51歳

このゾウたちは50年以上もの長い時間、監禁され、展示’物’として扱われ、最期は独りになり、死んでいきます。

動物園は同じ事を繰り返しています。

「ゾウがいなくてさみしい」というのは人間側の都合です。

動物園のゾウたちのひどい異常行動は、日本一周動物園水族館調査でも明らかにされています。

もう既に、彼らを監禁するべきではないということに気付き、やめていくべき段階にきています。

静岡市立日本平動物園はブルフックを使い、ゾウに乗ったり公的な施設でありながら、ショーまがいのことも行っています。

また日本平動物園では2月2日、女性のライオンが 男性のライオンに噛み殺されるという事故が起きました。発情期に合わせ、二人を初めて同じ檻に入れた直後だということです。
繁殖を目論んだ動物園の犠牲者です。

https://mainichi.jp/articles/20210202/k00/00m/040/208000c?fbclid=IwAR36GL-mNubhLHxREZ1wjSaHnuRcQz-STo0rAcZh9UVRSAq6T94_Djv4GYU

新たなゾウを収容することは、時代錯誤です。

人間側の身勝手な感情や利益のために これ以上の犠牲を増やしていくべきではありません。

静岡市にはゾウの収容を止めて頂きたく思います。

皆様にも意見を届けて頂ければ幸いです。↓

静岡市立日本平動物園 

Email: dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp

企画係 Tel: 054-262-3251
FAX:054-262-3489
住所:静岡市駿河区池田1767-6

Email: dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp

静岡市長 田辺 信宏(たなべ のぶひろ)

Email:  hisyo@city.shizuoka.lg.jp

意見メールはこちらのリンクもご参考にしてください↓

もう何年も前からダンボは攻撃的で危険なため、飼育係はダンボと同じ空間には入れず、ほぼトラやライオンと同じ様な「猛獣扱い」で飼育しているのが実状です。
〈日本平動物園ゾウ飼育担当者〉

飼育するべきではないと思います。

動物には心があります。
展示”物”ではないのです。

(リブ 板垣さやか)

#ゾウ #動物の権利 #動物解放 #動物を解放しよう #動物園  #繁殖  #監禁
#静岡市  #日本平動物園 #動物 #elephants #zoos 

*************************

【毎月どうぶつサポーター募集】

¥1,000円/month~

リブの活動はご支援により支えられています。

一緒に動物たちの未来を、私たちの未来を変えましょう。

① https://syncable.biz/associate/LIB/donate

②「毎月」を選択(1,000円~)

________________

【電子書籍】

『動物園水族館閉鎖』

日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

http://u0u0.net/bffw

動物たちを守るために あなたの思いを届けてください。

【ゾウを守るために あなたの思いを届けてください。】

静岡市立日本平動物園
「新しい象舎の建設・ゾウの導入を止めてください」

メールする

● 例文がありますので、参考になさってください。
 コピペでも結構です。

● 各送信先の記載があります。

● 最後にお名前を記入してください。

例文 / 参考

〈例文〉

静岡市によるアジアゾウの輸入中止を求める要望書

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

表題の件、静岡市が絶滅危惧種であるアジアゾウをタイから4頭輸入することを知り、大変衝撃を受けました。ゾウは高度な知性を持ち、生涯にわたり、群れの中で複雑な社会的関係を維持しながら生きる野生動物です。ここ数十年にわたる、展示飼育下にあるゾウに関する多くの研究で、動物園などの展示施設ではゾウの本来のニーズを適切に満たすことができず、ゾウに肉体的、心理的、社会的なストレスを与えること、またこうしたストレスにより多くのゾウが異常行動を取ることなどが明らかになっています。

欧米を中心に、ゾウの飼育を諦める動物園が増えているほか、動物園からゾウを救出し、サンクチュアリ(保護区)への移送を目指す野生動物保護団体の動きも活発になっています。世界中で動物の権利擁護、解放について意識が高まるなか、静岡市によるアジアゾウの輸入は、国内および海外の動物保護団体から厳しい批判の対象になるのではないかと危惧しております。

子供はゾウを見たら喜びます。しかし、動物園でゾウを見て大はしゃぎした子供が大人になって、そのゾウが本来の生息地とは気候も環境も異なる日本で娯楽のために展示施設に閉じ込められたことを知ったら、どのように感じるでしょうか。悲しいし、切ないです。

つきましては、アジアゾウの輸入中止をご英断いただきたく、ここに強く要望いたします。

ご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

〇〇〇〇〇←名前を記入
〇〇〇〇〇←メールアドレス記入(返信が欲しい場合)

 

〈参考〉

・税金27億円を使い、日本平動物園に新たにアジアゾウをタイから4頭輸入し、展示する予定がある。

・ゾウは豊かな知性と感情を持つ。
 展示用の「物」ではない。

・動物園では本来のゾウのニーズを満たすことができない。

・日本にいる多くのゾウたちがストレスを抱え、異常行動を取っていることが明らかとなっている。

・動物園でのゾウの繁殖率は非常に低く、死産や流産、母子ともに死亡するケースもあり、ゾウたちは苦しんできた。

・日本の動物園での種の保存は、ゾウを守る目的ではなく、利益を追求した動物園間の種の保存ではないか。

・狭いスペースにゾウを閉じ込めるべきではないという理由から、欧米を中心にゾウの飼育を諦める動物園が増えている。

・海外では保護団体によるゾウの救出、動物園からサンクチュアリへ移動させる動きも活発になっている。

・動物園でのゾウの飼育は時代錯誤であり、国内外から批判の対象となっている。

・子どもたちは、狭い檻に閉じ込められ、異常行動を起こすゾウを見て何を学ぶのか。

・自然とはかけ離れた環境で、自然の雄大さや、ゾウ本来の生態は表現できない。

・ゾウの輸入中止をご英断いただきたく、要望いたします。

メール送付先

静岡市立日本平動物園

dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp


企画係 Tel: 054-262-3251
FAX:054-262-3489
住所:静岡市駿河区池田1767-6

静岡市長 田辺 信宏(たなべ のぶひろ)

hisyo@city.shizuoka.lg.jp

市政への意見・提案

koe@pref.shizuoka.lg.jp

お問い合わせフォーム

https://www.city.shizuoka.lg.jp/web/cityform/form.php?code=00000278&pid=000003393&pgid=00001820&url=/000_001153.html

簡単メール [e-mailer.link] 

[e-mailer.link] ※ URLをクリック → メール作成をクリック → お名前記入 → 送信  

静岡市長 田辺 信宏様  〈 hisyo@city.shizuoka.lg.jp 〉

https://e-mailer.link/100153829775

静岡市立日本平動物園 竹下秀人園長  〈 dobutsuen@city.shizuoka.lg.jp

https://e-mailer.link/100153830349

● 静岡県知事 川勝 平太 様  〈 koe@pref.shizuoka.lg.jp

https://e-mailer.link/100154090886

● 静岡市教育委員会  〈 kyouiku@pref.shizuoka.jp 〉

https://e-mailer.link/100154091553