ヴィーガニズムの定義(英国ヴィーガン協会 レズリー・クロス, 1951)

(翻訳中)

Veganism Defined
(written by Leslie Cross, 1951)
ヴィーガニズムの定義
(レズリー・クロス著  1951)
http://www.all-creatures.org/articles/veganism-defined.html

 

Leslie Cross was Vice-President of the very first Vegan Society, in the UK. This essay was presented first in 1951.
レズリー・クロスは、英国ビーガン・ソサエティの初代副会長で、 このエッセイは1951年はじめに発表されました。

In this light, veganism is not so much welfare as liberation, for the creatures and for the mind and heart of man; not so much an effort to make the present relationship bearable, as an uncompromising recognition that because it is in the main one of master and slave, it has to be abolished before something better and finer can be built.
このような光の元において、ヴィーガニズムとは、動物福祉ではなく動物解放である。生き物のためのものであり、人間の精神と心のためのものである。 ヴィーガニズムとは、動物に現在の人間との関係を耐えさせるための努力ではなく、支配と奴隷の関係であると非妥協的な認識をすることである。その関係は、より良い世界、より素晴らしい世界がつくりあげられる前に、廃止されなければならない。

Recently the Vegan Society adopted revised and extended rules which among other things clarify the goal towards which the movement aspires. The Society’s object and meaning of the word “veganism”, which have until now been matters of inference and personal predilection, are now defined as follows:
この度、ヴィーガン協会は運動が目指す目標を明確にし、ルールを改訂し拡張した。 ヴィーガン協会は、これまで不明確でありかつ個人的な解釈であった、ヴィーガン協会の目的と”ヴィーガニズム”という言葉の意味を、次のように定義した。

“The object of the Society shall be to end the exploitation of animals by man” and “The word veganism shall mean the doctrine that man should live without exploiting animals.”
「ヴィーガン協会の目的は、人間による動物の搾取を終わらせること」であり、
「ヴィーガニズムとは、人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義である」

The Society pledges itself to “seek to end the use of animals by man for food, commodities, work, hunting, vivisection and all other uses involving exploitation of animal life by man.”
ヴィーガン協会は、食料、荷役、使役、狩猟、動物実験、およびその他全ての人間による動物の搾取、人間による動物の利用を終わらせることを誓う。

Membership in the Society is available to all who wish to see the object achieved and who undertake to live as closely to the ideal as personal circumstances permit. An Associate makes no promise as to behaviour but declares himself in agreement with the object. The door is thus widely opened, and the Society welcomes all who feel able to support it. Direction and management of the Society’s work, however, rest with the members.
個人の状況が許す限り、達成された目的を見たい、そして理想に密接に従うことを誓うすべての人が、ヴィーガン協会の会員資格を得ることができます。 アソシエイトは行動に関して約束はしていませんが、オブジェクトと合意して宣言します。 このようにドアは広く開かれており、ヴィーガン協会はそれをサポートできると感じるすべての人を歓迎する。 しかし、学会の研究の方向性と運営はメンバーに任されている。

The effect of this development is to make veganism unique among movements concerned with animal welfare. For it has crystallised as a whole and not, as are all other such movements, as an abstraction. Where every other movement deals with a segment – and therefore deals directly with practices rather than with principles – veganism is itself a principle, from which certain practices logically flow.
この開発の効果は、動物福祉に関係する動きの中で、ビーガン主義をユニークにすることです。 それは全体として結晶化しており、他のすべてのそのような動きも抽象化ではないからです。 他のすべての動きがセグメントを扱う場合、原則ではなくプラクティスを直接扱う場合、ビーガンはそれ自体が論理的に流れていく原則です。

If, for example, the vegan principle is applied to diet, it can at once be seen why it must be vegetarian in the strictest sense and why it cannot contain any foods derived from animals. One may become a vegetarian for a variety of reasons – humanitarian, health, or mere preference for such a diet; The principle is a smatter of personal feeling, and varies accordingly. Veganism, however, is a principle – that man has no right to exploit the creatures for his own ends – and no variation occurs. Vegan diet is therefore derived entirely from “fruits, nuts, vegetables, grains and other wholesome non-animal products,” and excludes “flesh, fish, fowl, eggs, honey and animal milk and its derivatives.”
例えば、ビーガンの原則が食生活に適用された場合、それはなぜ、それが厳しい意味で菜食主義でなければならないのか、なぜそれが動物由来の食物を含むことができないのかを見ることができます。 人道的、健康的、または単なる食事の好みなど、さまざまな理由で菜食主義者になる可能性があります。 原則は、個人的な感情のかさばり、それに応じて異なります。 しかし、ビーガン主義は原則である – 人間は自分の目的のために動物を搾取する権利を持っていない。そこに例外はない。 したがって、ビーガンの食生活は、「フルーツ、ナッツ、野菜、穀類、その他の健全な非動物製品」から完全に得られ、「肉、魚、鶏、卵、蜂蜜および動物の牛乳およびその派生物」は除外されます。

In a vegan world the creatures would be reintegrated within the balance and sanity of nature as she is in herself. A great and historic wrong, whose effect upon the course of evolution must have been stupendous, would be righted. The idea that his fellow creatures might be used by man for self-interested purposes would be so alien to human thought as to be almost unthinkable. In this light, veganism is not so much welfare as liberation, for the creatures and for the mind and heart of man; not so much an effort to make the present relationship bearable, as an uncompromising recognition that because it is in the main one of master and slave, it has to be abolished before something better and finer can be built.
ビーガンの世界では、彼女は自分の中にある自然のバランスと健全さの中で生き物を再統合するでしょう。 偉大で歴史的な間違いは、進化の過程に大きな影響を与えているに違いない。 彼の仲間の生き物が人間によって自己興味のある目的のために使用されるかもしれないという考えは、人間の思考とは非常に似ていて、想像を絶するものではありません。 このような光の中で、菜食主義は解放の福祉ではなく、生き物のためのものであり、人間の心と心のためのものです。 現在の関係を耐え忍ぶための努力ではなく、マスターとスレーブの主なものであるため、より良く、より細かいものが構築される前に廃止されなければならないという妥協のない認識として、

Veganism is in truth an affirmation that where love is, exploitation vanishes. It possesses historical continuity with the movement that set free the human slaves. Were it put into effect, every basic wrong done to animals by man would automatically disappear. At its heart is the healing power of compassion, the highest expression of love of which man is capable. For it is a giving without hope of a getting. And yet, because he would free himself from many of the demands made by his own lower nature, the benefit to man himself would be incalculable.
ビーガン派は真実で愛がどこにあるのか、搾取は消えているという確証です。 それは人間の奴隷を解放する運動の歴史的連続性を持っています。 それが効力を発揮したとき、人間によって動物になされたすべての基本的な間違いは自動的に消滅するでしょう。 その心の中には、思いやりの癒しの力があります。これは、人ができる愛の最高の表現です。 それは、得ることを望んでいない贈り物だからです。 しかし、彼自身のより低い本質から作られた多くの要求から自分自身を解放するので、人間自身への利益は計り知れないものになるでしょう。

ヴィーガン、ベジタリアンの種類

オリジナルの図を作りました。
「ヴィーガンというライフスタイルは、ポジティブなライフスタイルである。
 なぜなら動物を利用しないから。」
ということを示しました。

 

これまでの図は、
|ミートイーター|肉食|○|
|ヴィーガン  |肉食|×|
のように表現されていました。

LIBのデータベースサイト、LABにもアップしています。
http://animal-liberator.net/animal-l…/type_vegan-vegetarian/