NPO法人 動物解放団体リブ

日本語名: 物解放団体 リブ
English name: Animal Liberator

ミッションは動物解放。
動物(人類を含む)の自由と尊厳を尊重し、人類から解放し、緑豊かで平和な地球を作ることを目的とした団体です。

2020年9月〜2020年5月 和歌山県太地町でイルカ漁調査を実施中

Instagramをメインに発信しています。

リブのInstaをフォローして情報をチェックしてください。

View this post on Instagram

令和2年度漁期初日の中継です。

A post shared by animal liberator (@animal_liberator) on

事業領域と中期計画

動物産業のうち、以下の事業領域を扱います。
最大の波及効果を及ぼすことを意図し、領域と主に扱う動物種を選定しています。

日本一周!動物園水族館調査データベース

MAPのポイントをクリックすると、各施設の特徴・写真・動画が閲覧できます。
※「104 昭島市昭和公園動物園」まで完成 (以降調整中)

Project0:5種の動物を日本から0にするプロジェクト

Project0 ゾウ       https://animal-liberator.net/project0_elephant/
Project0 大型類人猿    https://animal-liberator.net/project0_great-ape/
Project0 ホッキョクグマ  https://animal-liberator.net/project0_polarbear/
Project0 イルカ      https://animal-liberator.net/project0_dolphin/
Project0 シャチ      https://animal-liberator.net/project0_orca/

電子書籍『動物園水族館閉鎖』

日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。
価格は¥1,000。 売り上げはすべて、リブの活動資金になります。

ご購入はこちら

署名にご協力を

一刻も早く、ゾウたちに「ブルフック」や「ドリル」を使うのを止めてくださいhttp://chng.it/4QRyTGC2qq

Stop using “Bullhook” and “Drill” on elephants as soon as possible.
http://chng.it/99FZXB9HK9

ショーのたびに、ゾウは殴られ、刺されています。
私たちの力で止めさせましょう。

「ブルフック」市原ぞうの国
「ドリル」沖縄こどもの国

毎月どうぶつサポーター 募集

世界は、数え切れないほど多くの問題にあふれています。
それらの問題のほとんどが動物利用問題と関係しています。

NPO法人 動物解放団体 リブは、この地球上に住む、あらゆる過酷な状況におかれている動物たちの未来を変えようとしています。
そして、社会の未来を、人間の未来を変えようとしています。


リブは皆さまのご支援により、一歩一歩前に進むことができます。
動物解放団体 リブにお力を貸していただけないでしょうか?

毎月どうぶつサポーター』は、リブの運営を継続的に安定させていくための大切なご支援です。
より多くの方々にご賛同いただくことで、リブはより多くの問題の解決に着手していくことができます。

一緒にこの社会を、動物たちの未来を変えましょう。

【毎月どうぶつサポーター 参加手順 】
① 赤いボタンをクリック
②「毎月」を選択
③ 支援金額を選択(¥1,000〜)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

活動報告

水族館のイルカのケガ / 何年も治らない傷 | 動物解放団体リブ

水族館でケガをしているイルカを見ることがあり、飼育員に聞くと治療をしていると言います。 ケガの原因は自ら壁などに身体をこすること、ほかのイルカとの接触であるとのことです。 広大な海とは異なり、水族館の水槽内の水質は 個々 …

動画集(動物園水族館)

YouTubeチャンネル登録をお願いいたします。

最後の姿:イルカ(ハニー 犬吠埼マリンパーク)

異常行動:イルカ(うみたまご)プールの底に頭をぶつけ続ける

捕獲/殺害:イルカ ハナゴンドウ(和歌山県太地町)

異常行動:ホッキョクグマ(日本平動物園)

異常行動/サシバエの吸血:サイ(日立かみね動物園)

いじめ:キツネ(蔵王キツネ村)

ブルフック:ゾウ(市原ぞうの国)

ブルフック:ゾウ 子ども(市原ぞうの国)