33 阿仁熊牧場(くまくま園)(180507/秋田県北秋田市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

【特徴】

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

調査開始。
秋田八幡平クマ牧場 飼育員死亡事故、ALIVE野上ふさ子氏たちの働きかけ、阿仁熊牧場のヒグマ受け入れの経緯について。

食べ物をもらうためにアピールする行動は、『物乞い行動』と言います。
かわいい行動ではありません。

異常行動もそこここで起きています。
動物の娯楽利用の客、消費者たちは見る目を養わなくてはなりません。

片腕のクマ

そこかしこで、『物乞い行動』『異常行動』が起きています。

大クマ舎のオスのクマ舎でも、異常行動が多発しています。

本来雄大な自然の中で単独でひっそりと暮らすオスのクマ。 人間はクマのボスに興味を持ち、喜びますが、それは無知の現れです。 人工的で極狭の環境の中の不自然な生態の現れです

7 解説 全体像と、八幡平クマ牧場死亡事故 美談力

ヒグマ舎には、なんと、八幡平クマ牧場の経営者が、美談の主人公になっているストーリーが書かれてました。
経営者は「与える餌の量を減らし、飢えと熊同士の抗争で自然淘汰させ」ようとしていました。
そこに、日本熊森協会、地球生物会議ALIVE、そして海外の団体が働きかけることによって、ヒグマたちが生き延びることができました。
ここにいるヒグマはすべてその時のヒグマたちです。

動物収容所/水族収容所の美談力は、事実を曲げ、あるいは隠し、自分たちに都合の良い部分だけを取り出し、あるいはこのように捏造し、美談を作り上げます。
ひどい話です。
『美談力』: 収容所や動物園ファンの、あらゆる状況を美化し、自分に有利にプレゼンテーションする能力。

8 資料 エゾヒグマ舎

ひどい環境です。

資料 エゾヒグマ舎→中クマ舎→大クマ舎

10 資料 小クマ舎

11 資料 ヒグマ舎から旧タイプのクマ舎方面を見る

12

大自然と収容され監禁されたヒグマ。
クマたちは二度とここから出られません。

出るときは死ぬときです。
剥製にされて死体も人間の金儲けに。
利用され尽くされます。

《参考 動水》
日本一周!動物園水族館調査 全施設まとめ
異常行動リスト
コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《参考 クマ牧場》
1. 北の森ガーデン熊牧場
2. サホロリゾート ベア・マウンテン
3. 昭和新山熊牧場
4. のぼりべつクマ牧場
5. 阿仁熊牧場(くまくま園)
6. 奥飛騨クマ牧場
7. 阿蘇カドリー・ドミニオン

日本のクマ牧場(Wild Welfare)


〔ご支援/Donation〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)
Donation (English)


あs