42 東北サファリパーク(180520/福島県二本松市)

日本一周 動物園水族館調査について
日本一周 動物園水族館調査 全施設まとめ

電子書籍 Kindle 『動物園水族館閉鎖』
日本一周 動物園水族館調査を元に、これまで隠されてきた動物園水族館問題を明らかにし、動物がおかれた現状に光を当てた一冊。

【特徴】

・象使いがゾウをドリルで刺している
・すべてのクマが異常行動
・サーキットの爆音が響き渡っている

【写真】

Googleフォト

【動画】

YouTube再生リスト

象ライド1 鎖に繋がれる象たち1 常同行動

鎖に繋がれ、前後に動く異常行動に陥っていました。
とてもかわいそうでした。

象ライド2 鎖に繋がれる象たち2 常同行動

鎖に繋がれ、異常行動に陥ってしまっています。 後退するたびに、鎖に触れ、持ち上げ、嫌がっているそぶりを見せます。

象ライド3 象使役者の態度

こちらの写真で彼らが右手に隠し持っている、象の虐待道具が見られます。
https://photos.app.goo.gl/py2WkJ2EAdz88qWi2

爬虫類館1 地獄でした。糞の入った水を飲むカモ

東北サファリパークはあらゆる場所がひどいのですが、中でもすごかったのが爬虫類館です。
文字通りの地獄でした。
臭く、暗く、不潔で、自らの糞にまみれた水をのみ、閉じ込められ、異常行動を行なっていました。
この状態が今まで許されてきたということが信じられません。
誰も声をあげなかったのでしょうか。
日本の動物の娯楽利用産業に監禁されている動物は、地獄の底にいます。

爬虫類館2 爬虫類館 不潔で臭い。地獄の底にいる動物を見させられる場所

動物の地獄でした。 カミツキガメとワニの間の汚いケージにハムスターが入れられていました。 いったいこの後どうなるのでしょう。

エンターテイメントゾーン1 サル使役ショー

一つの行動が終わると、気を付けをして、手を後ろで組み、命令を待ちます。 ここまでするまでにどれだけの目に遭ってきたのでしょうか。 まるで軍隊です。

私たちが動物の”ショー”、つまり使役を見るときに大切なのは、動物たちは自分の行動の意味がわかっていないということです。 人間にとっては、「謝っている」という行動と「頭を下げる」という行動は紐づいています。 しかし、動物にとっては「頭を下に向ける」に過ぎません。 動物を見るのではなく、使役者の行動を見ることです。 行動、あるいは笛など、何らかの命令を与えていることがわかります。 それをストーリーに見せているわけです。

人々は笑って見ていますが、 人間に搾取されている奴隷動物の悲しい姿であると、頭を切り替える必要があります。

エンターテイメントゾーン2 サルおみくじ

使役者の女性が命令を与えているのがお分かりになるのでしょうか。 猿はあなたのためにおみくじを渡しているわけではありません。

エンターテイメントゾーン3 フラミンゴショー

フラミンゴショーというものを初めて見たのですが、延々、人間がフラミンゴを追い回して、逃げ惑う姿を延々見せられました。

最後に飼育員の方々がお辞儀をしていました。

サファリゾーン1 アフリカゾウ サシバエ

すごいハエの量でした。
定かではありませんが、ゾウも他の動物もかなり嫌がっていましたのでサシバエかもしれません。

いずれ、長年の尿や糞が染み込んだ土の上に動物たちは住んでいます。
良い環境のはずがありません。

サファリゾーン2 足を痛めているムフロン 角が折れているムフロン

よく見ると怪我をしている動物、体のどこかを痛めている動物、欠損している動物、通常の形とは違う角になっている動物がいます。
ぜひ、よく観察してみてください。
また、東北サファリパークのお客さんの「動物が車に寄ってくる。ここの動物は飢えさせられているのではないのか」という書き込みを読んでいました。
確かに、サファリゾーンに入るとすぐに動物たちが駆け寄ってきました。
人間はなぜエサやりをやりたがるのでしょう。
何が楽しいのでしょうか。

ケージゾーン1 サーキットの爆音が鳴り響く

東北サファリパークの周りには、同じ会社がやっているサーキット場が囲んでいます。
http://www.ebisu-circuit.com/
谷あいに爆音がこだまし、その環境に動物が収容されています。 動物たちにとっては最悪の環境です。

ケージゾーン2 日本鹿とサーキットの爆音

動物に関する配慮が信じられないほど低い場所でした。
こういった施設が未だにあることが信じられませんでした。

ケージゾーン3 ヨーロッパヒグマ 異常行動

なぜヨーロッパから連れてこられて、こんな目に合わなければいけないのでしょう。 私たちは動物を尊重することを学ぶことが必要だと思います。

ケージゾーン4 ヨーロッパヒグマ 常同行動

ケージゾーン5 クマ舎 改造車がすぐ側を通る1

クマが異常行動している牢屋の横を、改造車が爆音を立てて走っていきます。
改造車でも全く配慮せず、走って行く車もいれば、なるべく静かに(それでも十分うるさいのですが)走って行く車もいました。

ケージゾーン7 ホワイトライオン 異常行動

このようなところですので、ケージにいるライオンやトラは当然のように異常行動を繰り返しています。 かわいそうです。

《参考 動水》
  異常行動リスト:動物園の動物
  異常行動リスト:イルカ・シャチ
  コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

《Project0 ゾウ》
  Project0 ゾウ 日本のゾウを0に
  YouTube再生リスト ゾウ

  ゾウの心の壊し方(Breaking the spirit of the elephant)
  ブルフックの使い方(The Cruelty of the Bullhook)

  日本のゾウの単独監禁 現在12人
  Elephant in Japan:日本の動物園において単独飼養されているゾウに関する調査報告書


〔ご支援〕 

リブの活動は皆さまの温かいご支援により支えられています。
一緒に動物たちの未来、私たちの未来を変えましょう(¥1,000円/month〜)。

① 下記リンクをクリック
③ 支援金額を選択(¥1,000~)
④ 次へ
⑤ 必要情報を入力

毎月どうぶつサポーター (日本語)


【Z-21 東北サファリパーク/Tohoku Safari Park】

動物達のために施設に声を届けてください。
Please send your voice to the facility.

〔SNS〕
FB:https://www.facebook.com/TohokuSafaripark/
Tw:https://twitter.com/sarugekijo_
Insta:https://www.instagram.com/tohokusafaripark/
YouTube:https://www.youtube.com/user/ts2336

〔連絡先〕
Mail:mail@tohoku-safaripark.co.jp
TEL:0243-24-2336
FAX:0243-24-2433
住所:〒964-0088 福島県二本松市沢松倉1

〔リンク〕
Web:http://www.tohoku-safaripark.co.jp/
Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

〔情報〕
種類:民
所有:株式会社東北サファリパーク
運営者:〃
JAZA:-

〔LIB情報〕
調査日:2018年5月20日
LIBページ:https://animal-liberator.net/animal-liberator/180520-42-tohoku-safaripark
写真:https://photos.app.goo.gl/py2WkJ2EAdz88qWi2
動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLQT1RmSZIgCrf-KjbP2BBz8d0AYipC5n2